タグ:週末 ( 7 ) タグの人気記事

高い高い高すぎるもの、それは

e0029965_23123063.jpg

●土曜日
夜、今年のボジョレー・ヌーヴォーをあける。
別にそれほど飲みたいわけではなく、
なんかあんまり上品じゃない行為のような気もしてしまうのだが、
なんだかんだいって毎年飲んでる気がする・・・。
ま、フレッシュで美味しいですよね。うん。

料理は、
・スモークサーモン、チーズ(買った)
・きのことほうれんそう、ハムのパスタ(夫・作)
・牛肉と玉ねぎの焼肉のたれ炒め(夫・作)
・握りずし(買った)
・キャベツとベーコンのコンソメ煮(私・作)

ベッドサイドの本の積み上がり方が半端なくなっていたので
(30冊ぐらいあった・・・・)、片付けついでに本棚の整理をしてみる。

夫が先につぶれて寝たので、そこから緒形さん主演の『帽子』をDVDで見て、
また泣く。おいおい泣く。

●日曜日
自転車で外に出たら、今日は気持ちのよい冬の晴れの日。
日赤通りのブックオフで10冊あまり売却し、5冊購入。
そのまましばし南下し、清水四つ角近くのランニング用品専門店にて、
ラン用の長袖シャツを購入。

夫におみやげとしてたこ焼きを買っていったん帰宅し、着替えて、
腰を痛めて以来1ヶ月も控えていたランニングを試みる。
山荘通りを西へ向かって、45分ほど走る。
すっかり冬になっていて、それはマラソンの季節ってことで、
真夏のさかりに比べるとやっぱり、ずいぶん走りやすいんだわ。
これ以上気温が下がって風が強くなると、またつらいんだけどね。
しかし帰宅後の感触、やっぱりまだ腰には、走るのは明らかに良くないな。

夕食
・コロッケ
・つなぎの少なく野菜の多い半ハンバーグ
・ブロッコリー
・大根と白菜のお味噌汁
すべて夫による。美味しすぎた・・・。

コロッケの準備の段階で、寝る部屋でふとんにくるまって本を読んでた私に、
「ちょっと、手伝ってー」
と夫が声をかけてきたが、「やだ。」と拒んだ。
最悪な嫁、それが私。
だって本がさー、いいとこだったんだもん。
それでも怒らない夫の怒りの沸点は、どんな高みにあるのでしょうか。
[PR]
by emit9024 | 2008-11-30 23:12

娘心にブルースを

●金曜日
給料日。正真正銘の寿司屋に行く。
清川で昭和30年代からやっているところで、大将は3代目。
常連さんらしきお客さんとも仲良くなって、
当時の清川がなんと遊楽街だったことなど教えてもらう。

いい感じに酔っぱらって帰宅すると、こちらも飲んできたらしい夫が、エンジン全開。
「はい、3次会3次会!」などと言いながら缶ビール持ち出し、
日付も変わった我が家で、なぜか「矢島美容室」の振り付け指導が厳しく行われる。
夫が来月、結婚式で余興をやるらしいのだが・・・私が踊るわけではないのだが・・・
けっこう完璧に覚えてしまったので実家ででも披露しようかいな・・・

●土曜日
連休初日。
思いつきで、夜はチーズ・フォンデュを食べに行く。
実は人生初体験だった。美味しい~!
白ワインと合いますな。
その後、カラオケに行って、当然の成り行きでネバダの歌を振付つきで夫と歌う。

それから腰痛のことであるが、
先週日曜日に鍼を刺してもらって以来、調子は尻上がり。
じっくり見てもらって、いろんなアドバイスももらい、
私はあの先生とは相性がいい気がする。
「痛みが引いたら、徐々に歩いて、大丈夫だったら走ってもOK」
と言われていたので、この日、大名まで、うーん3キロくらい?歩いてみたんだけど、
振り返ればどうもこのあたりから、痛みがぶり返してきた様子。
時期尚早だったのだろうか・・・。

●日曜日
朝8時20分に夫に起こされ、寝ぼけまなこでクルマに乗せられる。
一路、西へ。赤や黄色に色づいた三瀬峠を越え、佐賀県は古湯温泉へ日帰りの旅だ。
1時間半ほどで到着、小さな温泉郷をくるりと散歩。
昭和初期の歌人、斉藤茂吉も湯治に訪れたという。
いかにも温泉街、という湯布院や黒川のような活気もいいが、
この、こじんまりとのどかな、鄙びた、いかにも古くからという雰囲気。好きだ。
町の真ん中にある大きな小学校を仰げば、
「きっと今は生徒も少ないんだろうね。。。」なんてしみじみするのだが。

予約していた旅館は創業100年以上にもなるそれこそ由緒ある宿。
1年ほど前にリニューアルされていて、
「こりゃ、きばって設備投資したなー!」という感じにモダンだったが、
仲居さんは変にかしこまってなくて、みんな気さくで優しかった。

この温泉郷の湯は「ぬる湯」として有名らしく、透明なのにちょっとぬるっとしてるのが特徴。
のんびり浸かってあったまる感じなのがまた、こののどかな里にぴったり。
入湯後、供された食事は、三瀬の鶏とホワイトポークのお鍋を始め、
地産地消の野菜やらきのこやら。
満腹になって、割り当てられたお部屋のお炬燵に入り、昼寝を貪る。

16時帰宅、何を活動したわけでもないのに、
ふたりしてベッドに倒れこみ、だらだらとしてしばし経つと、
むっくりと起き上がった夫、「夜ごはん何時がいい?」と聞く。
「あ、『篤姫』の時間くらい・・・」
とようやく答え、帰途で寄ったBOOK OFFで買った本を読みふけっていると、
19時20分、寝る部屋の扉がそろーっと開いて、
「もうゴハンできたけん、食べよっか。」と夫。
神ですか。

●月曜日
連休最終日、ちょこっとの家事以外、ひたすら休息&読書。
原由子のエッセイ『娘心にブルースを』を読んで、なぜか盛大に涙する。
結婚してから、前にも増していっそう、
人と人との間にかよう情ってやつに対しての涙腺が弱くなったかも。

夫、また普通に台所に立ち、晩ごはんとお弁当のおかず作成。
あたしほどラクしてる主婦も、そうそうおるまい・・・。
さんざん昼寝してたので、さすがに夜は眠れないかも、と、いちおう危惧してはみたが、
「本気出したら、すぐ寝れそうな気もする。」
と夫に表明したとおり、夜は夜で日付が変わるとあっさり入眠したのであった。
[PR]
by emit9024 | 2008-11-25 22:51

ぜひ最後までお読みください

■今日から9月ですね。
今夜はこの秋さいしょの、焼き秋刀魚での夕食となりました。今日のブログは長いです・・・。

■世界陸上サラッと
男子4継リレー決勝は、アジア新での5着となった。正直やっぱりメダルを獲ってほしかった、でも、考えてみたら、「メダル獲れるかも!」なんて期待しちゃえる時点で既にすごいことなのだ。繰り返しますが黄色い肌の人間なんですから。日本の陸上って、実はすごくレベルが高いんだなーとつくづく感じ入ることとなったこの世界陸上です。

さて、この4継リレー、予選を3位で終えた歓喜の瞬間に、スタンドで赤ちゃんを抱いた女の人がテレビに映って、「えらい美しい人だな~。なんかどっかで見たことあるような・・・」と思ったら、それは奥野史子さんでした。バルセロナ五輪シンクロのソロとデュエットで銅メダルを獲った元選手です。朝原選手とは大学時代から付き合っていたそうです。今ではお子さんもお二人いらっしゃるんですって。水陸両用夫婦なのね(?)

ほかの競技、女子5,000M決勝、福士加代子さんの走り、この大会で4回見ましたが、本当に思いきりのいい走りをする人ですね。マラソン転向が噂されています。ぜひ見たい、彼女のマラソン! 男子棒高跳び決勝は、女子のとは対照的になかなか壮絶な駆け引きが繰り広げられてましたね、おもしろかった。それにしても、鳥人ブブカの記録ってすごいね。それから10種競技、ハイライトでしか見ませんでしたが、これずっと見てたら面白いだろうね~。最終種目、あとの着順の人が歓喜のバンザイでゴールですよ(つまりその人が優勝)。しかしこの種目、どんなにか疲れることであろう。

あら、サラッと、とか言っておきながら結構書いちゃった。

■「いわさきちひろとアジアの絵本画家たち」展
今日は開いてました、アジア美術館。この美術館が入っている博多リバレイン、けっこう好きなんですよね。買うものは何にもありゃしないといっていいけど(リッチなお店ばっかりなので・・・)。1年に2,3回は行きたい場所です。

美術展は、予想比200%増くらいに感動した。前半部分は、韓国や中国、そして我が日本など、いろんな国の絵本の画の紹介。この展覧会のすばらしいところは、展示されている絵のすべての絵本を置いていて、自由に見られるようになっているんですね。もちろん、次から次に読んでいきましたよ、子どもに混じって。20冊くらい読んだかな・・・。

いやーほんとに、絵本って、奥が深いね。示唆に富みまくっている。そしてバラエティにも富みまくっている。いろんな絵。コミカルなもの、格調高いもの、描き込んでいるもの、シンプルなもの。そしていろんなお話。痛快なもの、悲しいもの、抽象的なもの、教訓的なもの、身近なもの、不思議なもの、不条理なもの。そのすべてが、子どもたちが成長していくにあたって必要なものなんだと思った。人生には本当にいろんな場面があるから。いつか私に子どもができたら、湯水のように絵本を与えるんだろうなーと思った。ま、えてして、こういう親の子どもって、本を好きにならなかったりするんやろうね笑

中でも、印象に残ったのは、韓国の作家が書いた、小さな男の子が停車場でお母さんを待ち続ける絵本と、中国の作家が書いた、三国志・諸葛孔明のお利口さんさが光るエピソードを描いた『十万本の矢』そして、日本の名作、『スーホの白い馬』です。確か小学校の国語の教科書に載っていたと思うんですが、お話を忘れていたので・・・。

あ、それから和田誠さんの絵本もありましたね。猫が主人公の話なんだけど、飼い主のお母さんがすごくチャーミングで愉快な性格でね。最後のページに初めて描かれる彼女の顔は・・・もうおわかりになりましたね。そうです。平野レミさんにそっくりの女性が、ニッコリ笑って猫ちゃん(名前はシジミ、それも彼女の命名)を抱き上げていたのです。

そして後半はちひろさんの絵がたっぷり見られます。もうね、最初の数枚で息をのんだね。実物の迫力ってすごいね、一気にくるもんだねー。あの美しさは、私の拙い言語能力ではちょっと表現できない。色がきれいとか子どもがかわいいとか1枚の絵の中での調和がすごいとか、そういうのもあるんだけど、とにかく何というか、品があるんだよね、この人の絵。知ってる絵もたくさんありました。絵本も何冊も置いてあったよ。「人魚姫」ほんとに美しいです。必見です。子どものころは怖くて開けなかった絵本『戦火の中の子どもたち』もみました。なんかもう、泣きたくなるくらいに感動してた。実際、ちょっと泣いたもんな、家族の写真とか展示してあるコーナーで。

横山大観展に行ったときもそうでしたが、ひとりの作家の絵をたくさん見て感動すると、作品だけじゃなくて、俄然、描いた人そのものの人生に興味が出てくるのがわたくしです。出口の先で売っていた関連本の中から、3冊も選んで買ってしまいました・・・・。ちひろさんの夫が書いた本、ちひろさんの息子さんが書いた本、そして、ちひろさんの息子さんのお嫁さんが書いた本です(息子さん夫婦は、安曇野に「ちひろ美術館」を作ったんです)しかし私も好きやねー、ふっ。本だけじゃなくて、ポストカードも買いまくりましたよ(ええ、ミーハーですよ、何とでも言ってくださいよ、、、)。このブログをお読みの方にも送りつけることと思います。どれも綺麗な絵だよ~。

■ぜひ、お読みください。
実は、富山在住のikukoさんという女性が書いているブログをずっと前から愛読してるんですが、現地では去年の秋にこの展覧会が行われていたんですね。そこを訪れた際の記事で、ちひろさんの文章をikukoさんが引用していました。もうすごく感動しちゃってパソコンの前で涙ぐんだものでした。その文章、今日の展覧会でも飾られていました。絵をたくさん見た後に読むと、いっそう心に響くものがありました。本当にいい文章なんです。

続きに引用します。ちょっと長いけど、クリックして、ぜひ読んでみてください。きっと、心励まされるものがあると思います。私もこんなふうに生きたい。

クリックして続きをどうぞ!
[PR]
by emit9024 | 2007-09-01 23:57 | 日々つれづれ

夏もそろそろ終わりが近い

■土曜日
前日、けっこう遅くまで飲んでいたし、というのはこじつけで、まぁ基本的に毎週末恒例の睡眠チャージなのであります。12時半ごろ起床して掃除洗濯、ストレッチ(半日ほども連続で寝ると、体も凝ります)、シャワー。読書、宮本昌孝の『夏雲あがれ(下)』(集英社文庫)を読み終わって爽快。

今夜は舞鶴公園にて、中央区市民フェスティバルなるものが催され、打ち上げ花火がラストを飾りますよ。ということで、いそいそ出かける。途中アクシデントありつつも、六本松の居酒屋にたどりつき迎え酒。ちょっと穴場的な、ちょっと沖縄風味の、いい感じの居酒屋さんでした。野菜たっぷりサラダ、いわしの梅フライ、海老アボガド、焼き秋刀魚。生ビール2杯。それからよちよちと公園まで、もうすごい人だかりです。缶ビールを買って芝生に何とか陣取り、時間ぴったりに花火が始まる。わずか30分で3,000発、「ああ、もうおしまいか、もうちょっと見たいなあ。」と思える程度の規模で、夏の終わりに見るには妙に雰囲気があるのです。この花火大会、好きです。

夏祭りの余韻を楽しみつつ、まあ実際は汗をかきつつ、コンビニでまたビール買ったりしてよちよち歩いて帰宅、この日から始まった世界陸上を熱心に見る。陸上競技を見るの大好きなんですー。これからしばらく楽しいテレビ観戦の日々が続きそうです。続けてサッカーニュースをぼんやり見ながら寝てしまう。

■日曜日
起きたらまた世界陸上やってますよ。ああ、幸せ。どの国のどの人が、ってわけでもなく、陸上に関してはほんとに全競技、全選手の皆さんを応援してます。

さて、お昼ごはんを食べに行きましょう。梅林の定食屋をめざして行ったのだが、なんと潰れてました・・・。案内人は丸2年間福岡を離れていたので、時々こういうことがあります。ゆく川の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず、なのです。ドンマイ! 気をとりなおして別の食堂へ。よく見かけてはいたものの入るのは初めての店だった。なーるほど、ってな感じ。

いったん帰宅し、ちょっとしてから天神へ自転車で。ふだん使いのバッグがボロボロになってきたので、そろそろ新調を検討中。しかし難しいねえ。安かろう悪かろうなものは、ちょっとご遠慮したい。ほんとに毎日がんがん使いますからね。飽きないクールなデザインと、それなりの耐久性を求めているわけですよ。そうするとねえ、やっぱり、それなりのコストをかける必要がありますよね。ハナからエルメスとかヴィトンとかに手が出る私ではありませんが、たとえば10万円くらいのバッグだと、それはそれはキリッとしたたたずまいで、それを肩にかけて外に出るだけで背筋もシャッと伸びそうな気がします。でもでも、高すぎる。一時のキャッシュアウトとしてはかなりつらい。かといって月賦なんて組みたくもないし。うーん、5万円くらいかなあ・・・5万でも高いな。5年使えば安い投資といえるのかもしれないけど・・・1万円くらいのだと、やっぱりまた1年後くらいにボロボロになるんだよねえ・・・。

ということでじっくり検討することにする。
大きな買い物は、購入までにあーでもないこーでもないと考えるのもまた、楽しみのひとつですしね。

で、あとは、VIOROで旬な着こなしでも見学しようっと、と思って行ったら衝動的に2着ほど買ってしまいました。あああ。でも悪い買い物ではなかった・・・はず・・・。

スーパーに寄って帰宅し、お料理。副菜をいくつかこしらえて、明日・あさってのお弁当のメイン料理を作り、お米を炊く。「風林火山」が始まる時間に合わせて、秋鮭を焼いて今夜の夕食にしたいと思います~。それまでに、また、軽く掃除しよっと。

■おまけ
先週の水曜日は、大学時代のお友だちふたりを招いてうちで飲み会。ちっちゃいおかずも合わせて5品くらい作っていたのですが、ふたりもそれぞれ、いろんな差し入れを持ってきてくれたので、何だかかなり食べ物豊富で幸せでした。
e0029965_18484812.jpg

わたし「生まれて1回も爆竹なんて鳴らしたことないよ」
ふたり「うそーーーーっ、そうなん?!」
e0029965_18492765.jpg

・・・二人はヤンキー出身なのです。や、嘘です。二人は長崎出身なのです。かの地のお盆、精霊流しには、爆竹がつきものなんですよね~。ちなみに、写真・右のちーちゃんは、長崎で芸妓さんやってます。
(ゆうきちゃんもちーちゃんも美人さんゆえ、このつつましい規模のブログにかわゆい写真をUPしてみましたが、「プライバシーとは左様な問題ではござらん!」とお思いであれば、さっそくご意見ください。)
[PR]
by emit9024 | 2007-08-26 18:51 | 日々つれづれ

こんなユルさが大好き

e0029965_19384724.jpg

夏休みも6日目。

昨日・おとといは実家に帰り、ひたすらのんびりしておりました。
昼間は高校野球を見て、
夜はお肉をジューッと焼いて、トマトやオクラなどもりっと添えて、で、ビール。
うちは、お父さんがあまり晩酌しないので、
飲み助のお母さんが 「久しぶりにこんなに飲んだわ~」と喜んでおりました。
エビス4本飲んだだけで親孝行気分。
いいのだろうか、こんなんで・・・。

今日は、映画を見に行ってきました。
『天然コケッコー』。
夏で、ユルくて、田舎、方言、家族、友だち、淡い恋・・・
今の私のニーズにぴったり応えてくれる素晴らしい映画だった!!
夏帆ちゃんかわゆい・・・。
最後にくるりの音楽が流れ始めるところで、至福感はピークに。
うう、満足。
帰ってから、脚本が『ジョゼと虎と魚たち』の人(渡辺あや)だということに気づいた。
この人好きだ、これからもチェックしよう。

勢いで、「夏と青春」をテーマに、文庫本2冊購入。
これからの残暑のお供にしよう。

明日はちょっと旅に出ます。
[PR]
by emit9024 | 2007-08-16 19:45

くうねるあそぶ

今朝は何と!
5時45分起床。
地獄的に早起きの苦手な私ですが、昨日もその前も存分に睡眠時間を確保していたので、余裕の目覚めでした。
それで朝は6時半から、大濠公園を走る、走る。
こないだは8キロでバテたけど、今朝は爽快に10キロ走破でした。
うむ、体力は衰えていないとみた。

帰って、お昼近くまでぐーっと寝る。
うー、夏休みってなんて幸せなんだ。
仕事もまぁ、基本、好きだけど、やっぱりお休みはいいねぇー。

で、起きて作った朝昼兼用のごはんがこれ。
e0029965_2226146.jpg

飽きもせずまた納豆料理です。
納豆・しめじ・玉ねぎを炒めて、丼にしようかなーと思ったけど、
途中で気が変わってごはんもろとも炒めて、チャーハンにしてみた。
レタスときゅうりがあまっていたので、千切りにして敷き詰めてみる。
こうすると、なんか急にカフェ飯っぽくなる気が。
え? 自己満足?

夜は、シズラーっ子集合・・・の前に、早めにマリノアに乗り込んで、
さくさくお買い物。
あんまりうだうだ迷わず、さくっと即決する買い物は、気持ちいい。

そして、イルフォルノにて友だち5人+赤ちゃん大集合。
私たちが大学時代にアルバイトをしていたときの店長が、
ここイルフォルノで店長をしているのです。
彼と会うのも懐かしく、みんなと会うのも久しぶりで、
楽しくもりもりごはん食べました。
赤ちゃんがトコトコ歩くようになってたり(めちゃめちゃかわゆい!)、
もう7ヶ月目でお腹がおっきくなってる子がいたり。
月日は流れ流れてゆきます。
みんな元気そうで何より。
あー、夏休みって感じだわ。

で、朝に走って減った体重は、帰宅後、しっかり戻ってました。
ふ。いいのさ。
しっかり働いて、しっかり食べる。
働かない時期は、何かしら動けばしっかり食べてもいいのさ。
食べることは楽しいもん・・・。
e0029965_22281292.jpg

マリノアの親子観覧車。
[PR]
by emit9024 | 2007-08-13 22:26

あ~夏休み

e0029965_22194380.jpg

怒涛の9連休に突入。
ゴールデンウィークも仕事に蝕まれ、正月休みも短いわたくしにとって、
一年でいっちばん、安定したお休みがとれるのがこの夏休みです。
暑すぎですがね、この時期・・・・。

しかし夏だもの、海ぐらいは拝んでおかねばなるまい。
ということで、繰り出してきました、糸島の海へ。

社会人になって水着も処分してしまいましたが、
裸足で砂浜と波打ち際を満喫。
海辺のお店にてタコライスとジャワティーを意気揚々とオーダーするわたくし。
「ベタやな~」
と、一笑にふされました。
ほ、ほっといて。
e0029965_22252021.jpg

夜ごはんは、みりん干し・蛸と夏野菜のサラダです。
ええ、ビール前提のメニューですが何か?
あ、お惣菜のレバーが中央を飾っている・・・。
[PR]
by emit9024 | 2007-08-12 22:26