タグ:映画 ( 5 ) タグの人気記事

母、おおいに感動す

帰宅して気づいた。19時前、携帯電話に母親からの着信履歴があった。
母とは特段の用事がなくても、1週間に1,2回は電話で話している。基本は土日で、余裕があるときは平日も話すが、共働き夫婦の夜は忙しかろう、と(主に夫に)遠慮して、平日夜に母のほうから電話がかかってくることはあまりない。

何かあったのかな、と一抹の不安を覚えながらコールバックすると、
「あ、エミさーん? 今日ね、見に行ってきたよ、『おくりびと』!!」
と元気そのものの声が。相変わらずミーハーな様子、うれしいよ・・・。

65歳の母は、シルバー割引なる特典によりいつでもどこでも1,000円ぽっきりで映画を見られるらしく、私なんかよりよっぽど、普段から上映中の作品チェックに余念がない。『おくりびと』のことは本上映期間から目をつけていたらしいが見に行くタイミングがなく、日本アカデミー賞を総ナメにしたので日曜日の私との電話でも話題に上がっていたのだが、週明け、本場(?)のアカデミー賞までも受賞してニュースでも盛んに取り上げられたのに触発されて、近く(といっても徒歩1時間くらいはかかる)の大型ショッピングセンター内にあるシネコンで再上映されているのを目ざとく発見し、さっそく鑑賞したとのこと。ちなみに私は未見だ。

「もうねー、すっごく良かったよー。納棺師さんの話とはいっても、聞いてたとおり、笑いもたくさんあってねー。始まってそうそう、ププッて笑っちゃった。あ、来月にはもうDVDになるらしいけん、アンタも見るやろ? あんまりペラペラ喋ったらいかんね。でね、モックンの、あの仕事の作法?もうすっごく上手やったよ、やっぱり。たいしたもんやねー」

「山崎努も良かったんやない?」

「そりゃもう、あの人はもう大ベテランやもん、そりゃ良かったよ。さすがやね。何しても上手いもんね。あと、『天地人』で秀吉やりよう人おるやろ? あの人も出とった。あの人がまた上手いもんね~。あ、余貴美子だっけ?あの人も良かった」

「あの人も、日本アカデミー賞で最優秀助演女優賞とったげなさ」

「ああー、そうやろう、そうやろう。うンまいもんねー、あの人。そいとね、あの人も出とった。岸田今日子さんと3人で仲のいいおばちゃん連中おるやろ? ほら・・・」

「冨士真奈美? 吉行和子?」

「そ、そ、吉行和子よ。あの人も出とった。弁当屋のおばちゃん役でね。ね、けっこう、そうそうたるメンバーやろ? でもやっぱりモックン良かったねー、あの、きれ~な納棺師のしぐさがね。あんなにきれいに送られたら良かねーって思った」

「山形やったっけ、舞台。映像、綺麗らしいね」

「そ、そ、雪のシーンとかあってねー。やっぱりあの辺はまだ、お葬式でもあげんなふうに、ちゃーんと、きちーんと、しよんしゃぁっちゃろうね。あ、でも、ヒロスエさんはイマイチ、、、」

「あ、そうなん? あの人だけ(日本アカデミー賞で)賞とれんかったもんね、かわいそうに」

「優しーい奥さん役で、途中まで良かったんやけどねー。うーん、お母さんとしては、最後、あらーって感じやったわ。ま、あれはヒロスエさんが悪いんやなくて、脚本っていうとかいな? そのせいで、良う見えんかったんやろうね。あっ、あんまり詳しく言うと悪いけん、言わんね。まぁ、見たらアンタにもわかろうけん」

「ははは、そうねー。」

「もうほんとねー、全然、暗くないとよ(註:母は暗い映画が嫌い)。笑えるとこがいっぱいあるとよ。んふふっ。いま思い出しても笑えてくるわ。あ、エミにはナイショにしとかないかんよね。でもねー、泣けるとこもあると。お母さん、最後ぼろぼろ泣いたわー。終わってからトイレで鏡見たら、顔がおサルさんみたいに真っ赤になっとった」

ぷっ。
興奮冷めやらぬ様子の母であった。

娘(私のお姉ちゃんね)と一緒に行ったのかと思いきや、「ん?一人で行ったさぁ」と飄々としている。
なんせ再上映なので、1日2回しかやってないらしく、姉からは遅い夕方からの回に誘われていたが、父親の夕食のしたくなどあるので母は夕方は都合が悪く、しかし姉は仕事の関係で午前中の回には行けないのだった。

かといって、ひとりでもくもくと出向いて見て帰ってくるわけではなく、そのショッピングセンターの和菓子売り場(?)で働くおばちゃんや、行き帰り(繰り返すが片道徒歩1時間くらいかかる)の花屋さんやらスーパーやらで顔なじみのおばちゃん、おばあちゃんたちと、かまびすしいお喋りを繰り返しながらの道のりだったらしい、いつものごとく。ええ、そのお喋りの内容についても、いろいろと聞かされました・・・。

それでも、やっぱり、感動(なのか・・・?)については、いち早く、娘に話したいんだろうねー。
なんかちょっと、きゅんとくる。

今でこそ、こうして母との電話も楽しく、他愛ない会話をできることがほんとにかけがえないな、って思うけど、10代の後半あたりでは、私、今思うとほんとに長い反抗期の中にいたよな・・・。

と、しみじみしたのは、最近読んだ日記エッセイ『第3の人生の始まり つれづれノート⑮』(銀色夏生 角川文庫)のせい。

筆者の娘、高校生になったカンちゃんが、反抗期(?)の只中にあり、小さな会話をかわすだけでも母娘お互い、どんだけストレスがたまるか、ってことを、これでもかって書いてある。そりゃもう、「こんなに微に入り細に入り書いてだいじょうぶなの?」てぐらいに。
とはいえ、15巻と銘打たれているとおり、15年以上にわたって書き続けられているもので、読者のほとんどは、私のようにカンちゃんが生まれる前からこのエッセイを読んでいるから、そこまでの違和感はないんだけどね。

読んでて、あー、あたしもこうだったんだろうなー、って思った。会話にならないぐらい、ギスギスすることがたくさんあったあのころ。親と私とは違う人間で、違う価値観や生活スタイルを持ってんだよ!ていう主張にとらわれてたから、母のひとつひとつの言葉や、大人として親として正論極まりないお説教も、いらいらしてしかたがなかった。お互いの言い分は永遠の平行線。

まあ、多くの子どもが通る道なので、親の宿命と言ってしまえばそうだけど、お母さん、よくぞ耐えてくれました・・・。ま、耐えるっていうか、普通にケンカしてたけどさ。そのころの親の痛みにも、今なら思いを馳せられるってもんです。

そんなわけで、母をこんなにも感激させてくれた『おくりびと』関係者には、感謝の念でいっぱいだ。DVDになったら、私ももちろん見ようと思います。あと、今日は夫が飲み会だったので、走りました。
[PR]
by emit9024 | 2009-02-24 22:30

もちろんたくさん寝ましたし。

先週後半いろいろ。

・サラリーマン御用達のお安い居酒屋にて、キープしたての焼酎5合瓶、女ふたりで飲み干す。もちろんその前には中ジョッキ生も数杯、飲み干している。

・今クールのドラマにどうにも興味がもてないため、DVDレンタルして過去のドラマを鑑賞することにする。

・『マンハッタンラブストーリー』 脚本、宮藤官九郎。
 キョンちゃん好きの私は彼女の作品を丹念に追っていきたい、という気持ちもありましてね。

・↑2003年放映だって。ぜんっぜんテレビドラマ見てなかったころだな。

・いつもより50円高い餃子を買ってみた。すごく美味しかった(焼いたのは夫)。

・周防正行監督作品『それでもボクはやってない』をDVDで見る。

・超話題作なので、あらすじはだいたい知ってたんだけど、それでも見ごたえあったー。
 淡々としてるのに1シーンも見逃せない!ていう緊張感。映画を見たな、ていう満足感。
 
・『映画生活』サイトやなんかで人々の感想を読むと、「この映画が、どうのこうの」っていうより、「痴漢冤罪の怖さって、どうのこうの」だとか、「警察や裁判所って、どうのこうの」ていう視点のものが、ものすごく目立った。見る人をのめり込ませた証拠といえるでしょう。

・脚本や演出の素晴らしさはあらためて言うまでもないが、キャスティングの妙にも感心。もちろんちょっとカッコいくて素朴で、でもじゅうぶん一般人らしい加瀬君の主人公は、まるでドキュメンタリーを見てるかのように、見る者をするっと感情移入させる。でもこの映画、内容が内容なので、そういう、いい意味で「役者臭のない」人ばっかりだと、「これはノンフィクションか?」てくらいに、つらくて嫌~な気持ちになってくる。途中から役所広司が主人公サイドの弁護士として出てきて、「あ、これは映画だったー、そうだ、フィクションだよー」って、無意識のうちにホッとした気がしたのだ。んで、さらにあとから登場する小日向さん。この人の登場シーン、相当さりげないがゆえに、なおさら「おおっよく見る顔だー!」と期待を煽り、果たしてその役どころは、、、て感じで、とにかく、2時間以上あるこの長い映画を、少しもダレさせない。

・日本アカデミー賞の授賞式を見るのが大好き。それは、授賞式を地上波で映す唯一の国内の映画賞だから。まあそれだけスポンサーががっちりついてるということか、商業的側面も大きく、必ずしも映画賞としての権威にみちみちてる賞ってわけじゃないことは大人になってから知ったけど、それでもやっぱり好きだ。

・ノミネートされた人の登場する場面を丹念にVTR紹介し、礼装の俳優さんたちが壇上に上がり、去年の受賞者がプレゼンテーターになってドラムロールが響いて恭しく発表する。基本的に演技でしか見ることの出来ない映画俳優たちが、自分の生の言葉を喋る。もう全体的にわくわくするのです。

・今年は、パッとテレビをつけたら最優秀助演男優賞の山崎努のスピーチ最後半だった。ものすごくいい表情でものすごくいいことを喋ったみたいだった、ああ。。。全部見たかった。もちろん、そこから先は最後までガン見しましたよ。木村多江さんが最優秀主演女優賞をとったのでとてもうれしかった。「ぐるりのこと」未見だけど、なんか絶対、自分にはぐっとくる映画だと確信してるので。

・主演男優賞やら作品賞やらは、「おくりびと」がとることは、多分もう満場一致でわかりきっていたけど、相変わらず三谷さんがわざとらしいパフォーマンス(両手を組んで祈るポーズから、作品名が発表されるや否や悔しそうな表情に一転してグラスの中身を飲み干す)とかしてて、それもまた風物詩よね。本人も、エッセイで「自分はああいう“賑やかし”のためにノミネートされてると思ってる」的なことを書いてた。でもいつか三谷さんにも受賞してほしいな。あんまりロコツに意図せずして、結果「あー今年は三谷作品しかないよね!」て感じで受賞したら素敵だと思うんだけど・・・。難しいか。

・土曜日、夫が昼間仕事だったので、私が夕食の準備をかってでる。♪寒い夜だから~♪、鶏団子鍋だ。か、簡単だな・・・。でも鶏団子おいしくできたぞ。簡単だけど・・・。鍋したらお腹いっぱいになるまで食べちゃうので(ビールもすすむので)、食前にランニングした。意味あるのか・・・。

・日曜日は夫が台所登板。昼、ゆうべの鶏ひき肉残りを使ったミートソーススパゲティ。
夜は、炊き込みごはん(鶏もも肉、ごぼう、にんじん、玉ねぎ)、サバの味噌煮、きんぴらごぼう、白菜と椎茸・長葱のお吸い物。

・完璧だ。完璧すぎる食卓。意欲あふれる、素朴な家庭料理たち。満足度120%だ。料理上手な奥さんをもつ旦那さんの気持ちがわかる。でも、その中には、「奥さんたるもの料理が上手いのは当たり前」なんて、自分の幸せにてんで気づいていない旦那さんもいるだろう。そういう家庭に、私は時おり、奥さんの代理として派遣されていくべきだな。「幸せ気づかせ人」として。

・週末、本を4冊購入。どんどん読んでいる。幸せ・・・。
[PR]
by emit9024 | 2009-02-23 22:34

寒気到来とくりゃ冬ごもり。

今週は、なぜかよく飲んだー。
毎日まいにち残業しながら、毎日まいにち夜も遅うからよく飲んだ。
それでいて、翌朝は翌朝でけっこうシャッキリしてたのが、また不思議。
ま、タクシー通勤という名の伝家の宝刀も抜いたけどね・・・。

そして週末はよく寝た。ほんっとうによく寝た。
降雪予報が出ていたので、ハナっから「今週末は引きこもり。」と意気込んで、
週末ロードショーを家で催すべく、金曜の帰りがけにDVDも借りて帰った。
今どきのレンタル屋さんって遅くまでやってるからいいですよね。

見たのは、「うた魂♪」2007年公開、夏帆ちゃん主演の青春映画です。
夏帆ちゃんといえば、「天然コケッコー」で類稀なる田舎の美少女っぷりを
そりゃもう甘酸っぱく撮られていたのが印象的でしたから、
今作に対しても、いやがおうにも期待が高まるところだったのですが・・・。
や、夏帆ちゃんは自然な表情やせりふまわしが大層愛らしかったんだけど、
うーん、なんというか、前作とは作り手側の差が出たって感じでした。
なんせ敵役の女の子の人物造形、その子の台詞(せりふまわしじゃなく、せりふそのもの)が
あまりに類型的で、大人が見るには結構つらかったのよね。
とにかく最初の30分ぐらいは、演出といい脚本といい、滑りまくっていて
「こりゃどうなることか・・・」てハラハラしたぐらいなんだけど、
幸いにもこの映画、実年齢30代であるゴリを高校生に起用したこと・・・もさることながら、
メイン素材である高校生合唱のシーンは全般的に成功してて、
彼が部長を務める「湯の川学院合唱部」が「15の夜」を熱唱するあたりからは面白く見れました。

と、なんちゃって評論家エミさんの言いたい放題でした。

しかしそれにしても夏帆ちゃんには今後もいい作品に恵まれて欲しいね。
あの子の笑顔は本当に自然で、笑ってくれると見てるこっちがほわっと幸せな気持ちになるのよね。
そういえば、お天気お姉さんの皆藤愛子ちゃんもそういうタイプかも。

さて、日曜日は雪もひと段落ついたころを見計らって走りました。
58分、10キロにはちょっと届かないぐらいかな。
ペースを落として15キロぐらいまで走ってみたかったのだが、
途中から細かい雨が降りしきって体が冷え切ってきたので終了。
でも今日は気持ちいいランだった。

それにしても、今日が大阪国際女子マラソンだということをうっかり失念していたのは、
不覚としかいいようがない!
渋井さんの復活Vまでの道のり、
増田さんに有森さん、Qちゃんという英傑たちがそろっての解説、
ああ、見たかった・・・!
なんにも気づかず「動物のお医者さん」の再読なんかに励んでました。

『天地人』第4回。
先週、戦の壮行会と称してさんざ飲み騒ぎ、
最後になんとなく勇ましく出陣していった上杉の一行は、
カメラのまわってないところで、さっさと合戦を終えたらしく、
今週の始まりはまた戦勝祝いの酒宴だった・・・。
なんか、やたらと飲んではバカ騒ぎしている上杉の家中というのに
どうにも馴染めないんですけど、
(しかも、居酒屋で飲み会やってるみたいなノリだし・・・)
(閉ざされた雪国でしみったれた顔突き合わせてた一昨年の大河のイメージもあるし・・・)
これも謙信存命時代ゆえの泰平さを表現しているものだと解釈して乗り切っています(?)

いま、「情熱大陸」で長瀬智也を見た。
彼の来し方を紹介するVTRは「池袋ウェストゲートパーク」と「タイガー&ドラゴン」で、
「歌姫」は、あたりまえのようにスルーされていた・・・。
あれこそTBSでの彼の最新主演作で、熱演だったのにぃ。
視聴率ってコワイよ。
それにしても、ジャニーズって何となくチャラいイメージがつきまとうけども、
衆目の中で歌わされたりドラマやらされたりグラビア撮影されたりバラエティやらされたり、
っていう、もちろん自分で仕事なんて選べない殺人的なスケジュールをこなしながら
自我を保ちつつ大人になってるだけでも、
一般の同じ年頃の人間よりも、よっぽど必死で生きてるんじゃないかな、
って思えたりもする。
堂本つよしくんなんて未だに屈折した少年みたいな印象があるけど、
それも道理かもな。
[PR]
by emit9024 | 2009-01-25 22:54

勇者たち

e0029965_2312121.jpg

■みんなで餃子
ゆうべは女子5,000mの予選で福士選手が決勝進出を決めたのを見届けたあとで家を出て、店屋町の『瑛林』へ。15周年フェアで、水餃子が半額だった。ここの餃子は皮がしっかりと厚くて、なのに、ちょっと噛むとジュワッと肉汁がほとばしります。心ゆくまで食べた。唐揚も、ピータンも、くらげも、海老ときゅうりとくわい炒めも、豚肉とセロリ炒めも、チンジャオロースも食べた。食べたー。

集まったのは7人、うち、みなみくんは前日にパパになったばかり。早くも親バカ全開です、さもあろう。初対面のフレドの日本語の堪能さに感服。それは流暢というよりも、なんというか、軽妙洒脱って感じ? 「数学的にいうと、もっとも近い道は直線です」って箴言に、文系女子3人は悶えた。彼、土木の博士号をふたつももっているそうです。そしてニッポンのコミック好き(“オタク”て言葉もちゃんと知ってた。OK!)。来日前、初めて読んだ日本のマンガは、あだち充の『みゆき』とのこと。お~!

■映画・・・
ゆうべの席で、よっちゃんが今年に入って既に80本も映画を見ていることが判明。3日に1本ですよ、すごい! ほんとに好きなんだなあ。そんなよっちゃんが、今年よかった映画として『天然コケッコー』を挙げたのがかなりうれしい。たなかまさんも是非見てくれ。

しかし帰宅後、ちょっとふと考えたよ。このわたくし・・・今年に入って見た映画(DVD含む)は、7本・・・。もともと、本は雑食気味に次々手を出すが、映画はかなり好みを絞って見るたちで、見たものはすべて外れなしとはいえ、これはいくらなんでも少なすぎかもしれません。これからはもうちょっと見ていきたいところ。ちなみにその7本とは、『天然コケッコー』『ジョゼと虎と魚たち』『バグダット・カフェ』『Mr&Mrsスミス』『ウォーターボーイズ』『間宮兄弟』『明日の記憶』です。うーんやっぱり2007年のベストはジョゼだろうなあ、この先4ヶ月あっても。

■仕事・・・
今週、7時そこそこにはそそくさと帰る日々。来週が・・・コワイ・・・かなり・・・・。

■酷暑大阪
今夜も見ましたよ、世界陸上! まぁ今宵もなんとすごい夜だったことでしょう! 

男子棒高跳びの澤野は見ていて痛々しいとしか言いようがなかった。その無念は察してあまりある。この大阪大会、酷暑によってダウンする選手が相次いでいるといいます。ホームグラウンドの日本選手も然り。確かに、連夜30度を超えまくっている気温、体調を管理することさえままならないのでしょう。それにしたって、水分不足で痙攣が起きたりするって、想像を絶する世界です。それに、毎日見ていると、本当に、陸上競技というのは肌の白い人か黒い人かが圧倒的に強いということがよくわかります。黄色人種は、本当に少ないのです。日本はまだメダルをとっていないけれど、でもほとんどの競技で日本人の姿を見ることが出来るだけでも、すごいんだと思う。体のつくりっていうのは、きっと、本当にものすごーく違うはずだから。そこで110m障害、中国の劉翔ですよ。あの人の速さはなんなんでしょう。しかもかなりのポーカーフェイスっていうか、茫洋、と言いたくなるほどの落ち着きっぷり、涼しい顔で肌の白い人・黒い人たちに先んじるのです。すげぇなこの人。決勝が楽しみで仕方がない。

ほかにも今日もてんこ盛りでしたよ。女子400m障害決勝ローリンソン! 男子5,000m予選キプチョゲ! 女子200m準決勝アリソン! 

それに男子走り幅跳び決勝!!! 最終跳躍の盛り上がりったら。イタリアのハウがそれまで暫定1位のパナマ・サルディノの記録を1cm上回って、それはそれは、「どんだけ~!」てぐらいにアドレナリンを放出して叫びまくりのユニホーム脱いで叩きつけまくり、スタンドのお母さん(この人がまた、インパクト抜群のドレッドクイーン)もイッちゃってるぐらいの興奮もようで、うわーこれはすごい戦いに、と思ったら、最後の最後でサルディノが、少年僧のように澄んだ瞳で走り始め、結果は再度の大逆転。ここで、ハウ選手がどんなにか地団駄を踏んで悔しがるかと思ったら、存外、静かにサルディノを讃えて拍手してるの。いやー、これが一流のスポーツ選手ってものなんだね。その落差に、かえって感動してしまった。

もちろん男子200mの決勝、アメリカのタイソン・ゲイもすごかった。速い速い。もう大阪に来てから8本目の走り、それはそれは疲れているらしいです。しかし速い。往年のマイケル・ジョンソンの速さ、タフさを思い出したね。いやー速いってね、本当にかっこいい。そしてこの速かった人たち、100m、200mではライバルだった同国の選手たちが、明日からは徒党を組んで、リレーに出てくるわけですよ。うあー楽しみすぎる。ゲイ、予定通りにリレーも走ってくるかな。相当、消耗するらしいからね、100と200を決勝まで走ると。でも出てほしい! バトンパスも見たい!!!

◎ちなみに、気づきませんでしたが、昨日の男子やり投げの解説は、高田延彦だったらしい。
[PR]
by emit9024 | 2007-08-30 23:12 | 日々つれづれ

こんなユルさが大好き

e0029965_19384724.jpg

夏休みも6日目。

昨日・おとといは実家に帰り、ひたすらのんびりしておりました。
昼間は高校野球を見て、
夜はお肉をジューッと焼いて、トマトやオクラなどもりっと添えて、で、ビール。
うちは、お父さんがあまり晩酌しないので、
飲み助のお母さんが 「久しぶりにこんなに飲んだわ~」と喜んでおりました。
エビス4本飲んだだけで親孝行気分。
いいのだろうか、こんなんで・・・。

今日は、映画を見に行ってきました。
『天然コケッコー』。
夏で、ユルくて、田舎、方言、家族、友だち、淡い恋・・・
今の私のニーズにぴったり応えてくれる素晴らしい映画だった!!
夏帆ちゃんかわゆい・・・。
最後にくるりの音楽が流れ始めるところで、至福感はピークに。
うう、満足。
帰ってから、脚本が『ジョゼと虎と魚たち』の人(渡辺あや)だということに気づいた。
この人好きだ、これからもチェックしよう。

勢いで、「夏と青春」をテーマに、文庫本2冊購入。
これからの残暑のお供にしよう。

明日はちょっと旅に出ます。
[PR]
by emit9024 | 2007-08-16 19:45