タグ:いわさきちひろ ( 1 ) タグの人気記事

ぜひ最後までお読みください

■今日から9月ですね。
今夜はこの秋さいしょの、焼き秋刀魚での夕食となりました。今日のブログは長いです・・・。

■世界陸上サラッと
男子4継リレー決勝は、アジア新での5着となった。正直やっぱりメダルを獲ってほしかった、でも、考えてみたら、「メダル獲れるかも!」なんて期待しちゃえる時点で既にすごいことなのだ。繰り返しますが黄色い肌の人間なんですから。日本の陸上って、実はすごくレベルが高いんだなーとつくづく感じ入ることとなったこの世界陸上です。

さて、この4継リレー、予選を3位で終えた歓喜の瞬間に、スタンドで赤ちゃんを抱いた女の人がテレビに映って、「えらい美しい人だな~。なんかどっかで見たことあるような・・・」と思ったら、それは奥野史子さんでした。バルセロナ五輪シンクロのソロとデュエットで銅メダルを獲った元選手です。朝原選手とは大学時代から付き合っていたそうです。今ではお子さんもお二人いらっしゃるんですって。水陸両用夫婦なのね(?)

ほかの競技、女子5,000M決勝、福士加代子さんの走り、この大会で4回見ましたが、本当に思いきりのいい走りをする人ですね。マラソン転向が噂されています。ぜひ見たい、彼女のマラソン! 男子棒高跳び決勝は、女子のとは対照的になかなか壮絶な駆け引きが繰り広げられてましたね、おもしろかった。それにしても、鳥人ブブカの記録ってすごいね。それから10種競技、ハイライトでしか見ませんでしたが、これずっと見てたら面白いだろうね~。最終種目、あとの着順の人が歓喜のバンザイでゴールですよ(つまりその人が優勝)。しかしこの種目、どんなにか疲れることであろう。

あら、サラッと、とか言っておきながら結構書いちゃった。

■「いわさきちひろとアジアの絵本画家たち」展
今日は開いてました、アジア美術館。この美術館が入っている博多リバレイン、けっこう好きなんですよね。買うものは何にもありゃしないといっていいけど(リッチなお店ばっかりなので・・・)。1年に2,3回は行きたい場所です。

美術展は、予想比200%増くらいに感動した。前半部分は、韓国や中国、そして我が日本など、いろんな国の絵本の画の紹介。この展覧会のすばらしいところは、展示されている絵のすべての絵本を置いていて、自由に見られるようになっているんですね。もちろん、次から次に読んでいきましたよ、子どもに混じって。20冊くらい読んだかな・・・。

いやーほんとに、絵本って、奥が深いね。示唆に富みまくっている。そしてバラエティにも富みまくっている。いろんな絵。コミカルなもの、格調高いもの、描き込んでいるもの、シンプルなもの。そしていろんなお話。痛快なもの、悲しいもの、抽象的なもの、教訓的なもの、身近なもの、不思議なもの、不条理なもの。そのすべてが、子どもたちが成長していくにあたって必要なものなんだと思った。人生には本当にいろんな場面があるから。いつか私に子どもができたら、湯水のように絵本を与えるんだろうなーと思った。ま、えてして、こういう親の子どもって、本を好きにならなかったりするんやろうね笑

中でも、印象に残ったのは、韓国の作家が書いた、小さな男の子が停車場でお母さんを待ち続ける絵本と、中国の作家が書いた、三国志・諸葛孔明のお利口さんさが光るエピソードを描いた『十万本の矢』そして、日本の名作、『スーホの白い馬』です。確か小学校の国語の教科書に載っていたと思うんですが、お話を忘れていたので・・・。

あ、それから和田誠さんの絵本もありましたね。猫が主人公の話なんだけど、飼い主のお母さんがすごくチャーミングで愉快な性格でね。最後のページに初めて描かれる彼女の顔は・・・もうおわかりになりましたね。そうです。平野レミさんにそっくりの女性が、ニッコリ笑って猫ちゃん(名前はシジミ、それも彼女の命名)を抱き上げていたのです。

そして後半はちひろさんの絵がたっぷり見られます。もうね、最初の数枚で息をのんだね。実物の迫力ってすごいね、一気にくるもんだねー。あの美しさは、私の拙い言語能力ではちょっと表現できない。色がきれいとか子どもがかわいいとか1枚の絵の中での調和がすごいとか、そういうのもあるんだけど、とにかく何というか、品があるんだよね、この人の絵。知ってる絵もたくさんありました。絵本も何冊も置いてあったよ。「人魚姫」ほんとに美しいです。必見です。子どものころは怖くて開けなかった絵本『戦火の中の子どもたち』もみました。なんかもう、泣きたくなるくらいに感動してた。実際、ちょっと泣いたもんな、家族の写真とか展示してあるコーナーで。

横山大観展に行ったときもそうでしたが、ひとりの作家の絵をたくさん見て感動すると、作品だけじゃなくて、俄然、描いた人そのものの人生に興味が出てくるのがわたくしです。出口の先で売っていた関連本の中から、3冊も選んで買ってしまいました・・・・。ちひろさんの夫が書いた本、ちひろさんの息子さんが書いた本、そして、ちひろさんの息子さんのお嫁さんが書いた本です(息子さん夫婦は、安曇野に「ちひろ美術館」を作ったんです)しかし私も好きやねー、ふっ。本だけじゃなくて、ポストカードも買いまくりましたよ(ええ、ミーハーですよ、何とでも言ってくださいよ、、、)。このブログをお読みの方にも送りつけることと思います。どれも綺麗な絵だよ~。

■ぜひ、お読みください。
実は、富山在住のikukoさんという女性が書いているブログをずっと前から愛読してるんですが、現地では去年の秋にこの展覧会が行われていたんですね。そこを訪れた際の記事で、ちひろさんの文章をikukoさんが引用していました。もうすごく感動しちゃってパソコンの前で涙ぐんだものでした。その文章、今日の展覧会でも飾られていました。絵をたくさん見た後に読むと、いっそう心に響くものがありました。本当にいい文章なんです。

続きに引用します。ちょっと長いけど、クリックして、ぜひ読んでみてください。きっと、心励まされるものがあると思います。私もこんなふうに生きたい。

クリックして続きをどうぞ!
[PR]
by emit9024 | 2007-09-01 23:57 | 日々つれづれ