<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「花のあと」は、あの人。

きのうのお知らせを読んで、はてなダイアリーに飛んでみてくれたみなさま、ありがとうございます。


夜ラン。
今日のテーマは、「坂を上り下りする。速さにこだわらず距離を踏む」。

まずは六本松周りのコースへ出発。

平尾から薬院大通りへ出て、まずは城南線の桜坂を上り下りし、
六本松の九大跡地(そうです、このキャンパスは完全に西区へ移転してしまったのです)をまわって油山観光道路を走る。

友泉団地の交差点で折れて筑肥新道に入ると、笹丘の坂が待っている。
くーっ、いつもながらに、この坂、きついぜ。
でも、ペースを上げすぎないように気をつけていたせいか、比較的ラクに上れた。

そのまま小笹を抜け、山荘通りへ戻ってきて自宅マンション前を通過。これでだいたい6キロだ。

この時点でまだかなり余力があったので、

「やるな、俺。この調子だと、90分くらい走れるかもしんねーな。や、それとも、ここから後半、飛ばしていくか?」

なんて、そのときi-podでかかっていた『助けて! フラワーマン』をトータス松本がカバーした歌を、軽く一緒に口ずさむくらいの余裕で百年橋通りへ突入。

ところがどっこい(死語)、なんてこたぁない、このあと10分ほどでかなりバテた。
美濃島で折れて住吉公園の前を通るころには、絶え間なく流れるだらだら汗をタオルで拭うのももどかしいぐらいに疲労し、薬院へ向かう城南線沿いでは、激しい喉の渇きとの戦いに今にも負けそうだった・・・。なんとかかんとか、平尾まで帰る。

11.1キロ、65分。

キロ5分52秒の計算になる。LSDには速いペースだし、夜とはいえ夏の福岡、給水なしではこれぐらいが限界か。
帰宅後、空腹を感じるが、肉類もごはん類も食べる気になれず。
梅肉たたいてポン酢・生姜と混ぜ合わせたものと、刻み葱を冷奴にぶっかけて、スプーンですくって食べました。


藤沢周平原作の短編小説『花のあと』が映画化されることは、だいぶ前にmixiの藤沢周平コミュニティで知っていた。
同じくmixiの市川亀治郎コミュニティで、何の役かは未発表ながら、彼がその映画に出演するということも。

放送中の月9ドラマ『ブザー・ビート』の第1話を見たあと、北川景子さんのブログを読んだ。
彼女のこと知ったのは、3年くらい前かな? 
映画『間宮兄弟』と、『サウスバウンド』で見た。
どっちも脇の役だったけど、なんかかわいくて印象に残っていた。ものすごく自然なかわいさ。
「ブザー・ビート」でも、彼女が演じるヒロインは普通の女の子。でも、むちゃくちゃかわいい。
作りこまずに、画面に溶け込んでいける魅力のある女優さんって感じ。
(実はすごく役作りしてるのかもしれんけど。。。)

彼女のブログ、昨今どこででも乱れ咲いてる芸能人ブログとは、かなり雰囲気が違う。
“ブログ更新のためのブログ”じゃなくて、ちゃんと内容がある。
仕事の状況や休みの日の様子などの日常が語られてるだけ・・・なんだけど、
媚びや虚飾、過剰なサービス精神は全然なくて、
22歳(かな?)の女の子らしい、仕事への思いや時々の葛藤なんかが、
とても素直な言葉で、ありのままに書いてある。
この春に卒業した明治大学でのキャンパスライフ(また死語?)もすごく充実したものだったようで、
読みながら、「この子、あたしよりよっぽど真面目に大学の勉強してたんだな。。。」と思ってしまった。

とにかくそのブログが好感度高くて、今の月9は面白いけど(そう、王道の恋愛ドラマで面白いのよ!)
ちょっと私は対象年齢外かな、って感じなので見てないが、これからも注目していこう・・・なんて思ってたんだよね。

そのブログに、かなり前から、
「時代劇の仕事があるので着付けや剣道、茶道のお稽古をしてます」って記事がいろいろあったんだけど、
そうかー、『花のあと』の主人公は、彼女だったのね!
そっか、だから殺陣のお稽古もしてたのね! 主人公・以登さんは、女剣士だからね。

原作は藤沢周平らしい叙情と爽快さを備えた短編で、何度も読んでいる好きな作品。
亀治郎さんは、許婚の才助だったらいいなーと思ってたんだけど、やっぱり勘解由か・・・。
悪代官だよ、えーん。
歌舞伎俳優だけあって所作とか完璧な彼なので、この重みのある悪役をまかされるのもわかるけど、
亀さんはお茶目な役やコメディもとても上手なので、そっち方面もアピールしていってほしいんだけどなー。
でも、この作品でコメディ部分を請け負うだろう才助のキャスティングが甲本雅裕って言われたら、まあ、確かにぴったりかもしれん、とは思う。

藤沢周平の作品は、彼の没後ここ10年ぐらいで、いくつも映像化されてきたけれど、藤沢ファンとしては、もうちょっと軽い風味で作ってほしいなーと思ったりする。どうも、下級武士の悲哀と人情劇に偏りすぎなきらいがあるように思える。初期はともかく、中期以降の藤沢作品は、けっこうひょうひょうとした面白さがあるんだから。

『蝉しぐれ』が叙情的になるのは、これはもうしょうがないけど、『たそがれ清兵衛』なんて、原作は映画よりもだいぶ、とぼけた作品ですよ。そこへいくと、キムタクさんの『武士の一分』は、けっこう雰囲気が出てたよね。私が中学生くらいのころにNHK金曜ドラマでやってた『腕におぼえあり』(原作:用心棒日月抄)も快作だった。

今回の『花のあと』は、お話自体は至極まじめなんだけど、北川さんが演じる主人公・以登がおばあさんになってから、孫たちに昔話として語り聞かせる、という趣向。この語りがユーモラスで、せつないお話をいい意味で軽くしてるので、映画もそんな感じがあるといいな。
[PR]
by emit9024 | 2009-08-04 22:59

お知らせ。読んでくださる皆さまへ。

今月の第1営業日。もう8月か。立派な下半期だ。早いなあ。
でも、今月は私の仕事、閑散期のはず。うっきうきですよ。

とある案件について先週からちょっと心配してたのだが、幸い、いい方向に進められそうだしね。
いい方向イコール、楽な方向ね。うふ。
最悪の事態(を想定はしてみるのだ。いちお)よりも、150分の1くらいの労力で済みそうなんだもん。
ま、その方向にもってくために、小3時間くらい仕事したけどさ。

あとは、夏休みを、もちょっと伸ばす努力を・・・うひひ。
世界陸上もあるよ!

さて、ここでちょっと、お知らせがあります。

少し前からブログの移転を思い立っておりました。
できればこれまでのログを全部移転したいんですが、なにぶん手作業なので、そうそう捗らず。
とりあえず、今年度4月からのログを、ほぼ移し終わったところです。

移転先は、はてなダイアリーです。
カテゴリ管理がやりやすそうだし、テキスト主体で割と長文傾向にある私の日記には合ってるんじゃないかと思って。はてな村は一歩踏み込めば恐ろしいところですが、ま、私はすみっこのほうでモソモソ書くだけなんで、だいじょうぶでしょう。

はてなダイアリー版 『moonshine』では、まあ書くことは従前とちっとも変わりませんが、

「日々のこと」
「本」
「ランニング」
「ドラマ」
「大河ドラマ」(←別枠だ!)
「音楽」
「世の中のこと」
「ネット」

などのカテゴリに分類し、そのカテゴリだけに絞って読んだり検索したりすることもできます。
本の表紙や音楽アルバムのジャケットなどの画像をつけるのも簡単にできるので、
多少ここよりカラフルになるし、イメージしやすいと思いますよ☆
そんな需要がどこにある?!と、おっしゃりたいでしょうが、私にとって便利なの。
ええ、私の日記のいちばんの読者は私なので。(さみしいな・・・笑)

過去ログも、地道に遡って移していきたいと思います。

しばらくは、このエキサイトブログと二元管理?というか、両ブログを並行して更新していきますが、
ここの更新をやめるかやめないか、いつやめるかは、そのうち決めます。
決めたときは改めてここにも書きますが、とりあえず、はてなのアドレスを公開しておきます。

moonshine  はてなダイアリー

よろしければ今後ともご愛顧を。
ご意見ご感想、やっぱりエキサイトブログのほうが見やすいよ~とか、はてなドンと来い!とか何でも、いつでもお待ちしております。

エミ 拝 
[PR]
by emit9024 | 2009-08-03 22:41

がんばれ、かねたん!


8時過ぎ起床、夫と大濠公園へ。

ゆうべ6,000発の花火を打ち上げた大池の中島は、まだ業者さんが清掃作業中で一般市民は立ち入り禁止。池の周回、ジョギングコースや散策路も、どことなく雑然としており、ところどころにゴミなど落ちている。

それでも、ジョギングやウォーキングをする人たち、部活動の練習と思われる学生や、犬の散歩や子どもを遊ばせる人々などで賑わっているのはいつもどおり。週末の朝の公園風景のすがすがしさは、寝坊大王の私をして吸い寄せしめる魅力があるものです。

・500mウォーク
・1kmラン (5分53秒)
・500mウォーク
・1kmラン (6分10秒)
・500mウォーク

と、ここまでは夫と一緒に行って、クールダウンする彼と別れ、もう1周とちょっと、ひとりで走る。

2.5km、12分38秒。

私にとってはすごくがんばってるキロ5分という速さ。普段、もっと10キロ前後を走るときはキロ5分45秒~6分なので、キロ5分だとかなりびゅんびゅん飛ばしているという体感だ。


昼ごはんは納豆パスタ。納豆を加熱するのを頑なに拒む夫は、ざる蕎麦を食べていた。早起きの仇を討つかのように根をつめて(?)昼寝して、夕方、思いたって窓拭きをする。濡れた雑巾→くしゃくしゃに丸めた新聞紙で仕上げ。思ったよりは汚れてなかった印象。9階だからか?


今日の日経新聞に広告が出ていたのもあって、小林よしのりの『天皇論』を買おうかどうか再び迷うが、本屋で手にとってみると(2度目)、やはり私にとってはとりたてて新鮮味のある内容でもなさそうなので、戻す。しかし、天皇の激務や、憲法に対する忠勤ぶり、平和への心からの祈り(祈りという言葉の静かなニュアンスとはあまりにもかけ離れた祈りの行動っぷり!)などを、あますところなく書き尽くしているこの本は、まさに小林よしのりの渾身の一作。

どうなんだろう、売れてるのかな? かつての『戦争論』と同じぐらいの影響力が出てるのだろうか。絵も文もびっしり書き込まれた紙面、メッセージ性の強すぎる彼の作風には、ちょっと見ただけで引いたり、嫌悪感を抱く人も多いだろうし、逆にまっさらな状態で彼の本を読んで、ある種の洗脳状態に陥る人もいるだろう。諸刃の剣のような鋭さ、怪しい魔力はあるので取り扱いに注意が必要な点もあるが、彼の本は「この世界のことを考える」入門書としてはとても優れていると思うので、ぜひ売れてもらって、いろんな波紋を投げかけてほしいものだと思う。それにしても小林の似顔絵はほんとに驚くほど似てるよねえ。

そのほか、『新 忘れられた日本人』と題された単行本が新刊コーナーに並んでおり、宮本常一が1960年に発表した『忘れられた日本人』にひどく感銘を受けた私としては、ちょっとその題ってズルくないかー?と思いながら手に取った。目次を見た限り、特に今すぐ読みたいような気にはならなかったが、序章に宮本常一論のようなものがあってそれは面白かった。佐野眞一って名前だけはよく聞いてたけど、帰ってから調べたら、『旅する巨人─宮本常一と渋沢敬三』という評論(?)で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞してるらしい。いつかそっちのほうを読んでみたいものだ。

買ったのは、新潮文庫から出ている『白洲正子自伝』。8月にやっと放送される予定だったNHK制作ドラマ「白洲次郎」の第3話(最終回)は、きのう公式HPを見ると、衆議院選挙関係でNHKの番組編成が大幅に変更されたらしく、9月下旬の放送にまたも延期されてた。えーん。


夜ごはんは、
・いわしの塩焼き
・ポテトコロッケ
・冷やしトマト
・大根おろし
・オクラのかつおぶし和え

今夜はすべて夫の制作。いやー、彼のコロッケ、相変わらず絶品ですう。


『天地人』第31話 「愛の花戦(はないくさ)」

背筋がゾゾっとするようなお寒いサブタイトルだが、中身はそれほど悪くなし。というか、ここんとこ、以前より面白くなってきてるような・・・。脚本補佐が効いてるのか、私がこのドラマの世界に慣れたのか? でも、各人が背負うものを鮮明になり、説得力のあるキャラクターが確立されてきたのは確かだと思う。

豊臣政権の磐石のためなら手段を選ばず、そこに一片の迷いもない三成。小栗旬の演技はキレがあって心地よい。

嫡子をもうけることなく夫と離れて上洛した菊姫の孤独と気の強さ。秀吉の唯一の子をなした喜びも、たった3歳でその子を失った悲しみも無邪気にあらわす淀殿。このふたりのシーンはなかなか良い。比嘉愛未は声やせりふまわしが時代劇らしいし、かつらも似合ってる。深田恭子は、半ばアテ書きなんだろうけど今回の淀殿像にぴったりな華やかさで、「花には花の役目があってのう」というせりふなど、出色。

秀吉の愛情も、奥方連中の注目も淀殿に移りつつあるのを感じながらも、あくまで全方面に対して賢夫人たろうとする北政所。太閤たる秀吉に、ただひとり「おまえさま」と呼びかける権利のある正室の矜持をもって、朝鮮へ渡るならお連れください、と頼むが、秀吉は頭の上がらない正室にやや窮しながらも、「淀を連れて行くことになっておる」と言う。「心配するな」とかつてのように磊落に言うが、天下人も破滅の老境へと向かっていることを感じさせる笹野高史の微妙な演技、それを悟り、また己の立場の揺らぎや豊臣家の未来を案じるかのような富司純子の受けの演技、この辺はさすがに圧巻。

松方弘樹の、腹に一物もニ物もある老獪な家康、やや過剰な演技だが、このドラマの軽い作風に大河らしい重みを与えているし、今週からヒゲをたくわえた北村一輝の景勝は、最近やっと!まともなセリフを与えられており、越後の殿様らしく見える。この人はもともと相当な演技巧者なんだから、これまでの木偶の坊みたいな人物像があまりに役者の無駄遣いだったというものだ(怒)。

こうやって脇が固まっていくにしたがって、主人公夫婦にまったく魅力を感じなくなっているのは皮肉なもの。主人公だからといってきれいごとばかりを言わせ、清濁の濁部分を背負うことからいっさい遠ざけた人物像に感情移入できるはずがないのだ。菊姫の上洛にも秀吉の朝鮮出兵にも、何の手も打つことの出来ない兼続。いる意味、あんのか? 先週のお船の、夫婦仲に悩む菊姫に向かっての「うちの夫は頼りになるからダイジョーブ」発言に続いて、今週は兼続が、いまだに子に恵まれない主君に向かって、「子どもの顔を見たいから早く帰れるようにがんばります!」発言だし・・・。つまぶきくんがかっこよく見えるように、制作陣、なんとか修正して!!
[PR]
by emit9024 | 2009-08-02 22:24

金曜月末狂宴、土曜夏祭

7月31日 金曜日

金曜日とあれば、月末の打ち上げにも力が入る。
いろんな部署から12,3人の人数が集まるという珍しい趣向で飲み会。ふだんの仕事ではほとんど接点がない先輩男子なんかが近くにいると昔はそれなりに構えたり緊張したりしたものだが、もはや、そーゆーこともなし。三十路ともなると、我が社では女子社員にあって中堅どころ。日ごろ絡みがなくても普通に仲間扱いされるというか、つまり若い女子扱いもされないので気楽だ。ははは・・・。

「ダンナと毎晩ヤりまくっとうっちゃろ~」「何か昔よりおっぱい大きくなったっちゃない?」とか、おっさんのセクハラも絶好調。どこの会社にもいるよね、そういうこと言っても誰にも反感を買われないどころか、「まったく○○さん、相変わらず元気だな~」なんつって周りを笑顔にしちゃう人って。ま、ちゃんと、言う相手を選んでるんだけどね。あげくのはてには「チクビあてクイズ!」とかで盛り上がる、30代以上推奨の打ち上げであった。

2次会も8人が残ってカラオケへ。こちらも全員オーバーサーティーなので、サザンとかプリプリとかジュリーとかで踊りまくる。酔っぱらいの常として、本人たちは年甲斐もなく、箸がころげるのも面白がる勢いなのだが、はたから見たら地獄絵図のようであっただろう・・・。叫びすぎて、はるな愛みたいな声になっている。

そんなこんなで、帰宅したのは深夜2時前。こんなに遅くなることは珍しいので、さすがに帰りのタクシーの中では夫の反応を想像してちょっとびびってしまった。こういうとき、夫、起きて待ってんだよね・・・。反省した風情(って、フリかよ)で恐る恐る入室。やっぱり起きてる。テレビ見てる。

「ご、ご、ご、ごめんなさい。」
「んもー、いま、何時よ」
「ごめんなさいごめんなさいわたしダメな人です」
「どこで飲んでたんか」
「もつ鍋屋。でもなぜか、もつ鍋は食べなかった・・・隣近所の席からいい匂いがしてくるのに、普通にイカゲソとか枝豆とか鶏の唐揚とか明太卵焼きとか食べてた・・・」

ぷはっ、と夫、笑い、
「オマエもいろいろ大変やな」と言って寝る部屋にひきあげていった。よ、よかった、やっぱりあんまり怒ってないー! 

●8月1日 土曜日

夫、昼前に会社に出かける。なんでも、選挙関係の講演会?か何かに出なければならないらしい。労働組合ってのも大変ね。上場会社なのに組合すらない我が社もどうかと思うが、結局ああいう組合ってのも、実際は仕事が増えるって面が大きいのかもな・・・。

夫を見送るためにやっとこさ起きだしたわたくし。冷蔵庫をあけると、卵が1個、ソーセージが2本、納豆が1パックと冷やごはん。ソーセージエッグと納豆ごはんという、整理メニューで昼ごはんにしました。

あとかたづけ・部屋の掃除して、またベッドに戻り、藤原道長の『御堂関白記』を読んでるうち、またうとうとと眠りの世界へ。夢の中でも歴史の本を読んでいた・・・。いつもよく読むイラストブログの書き手さんが「枕草子」をマンガ化しているという設定。しかし、枕草子であれば、一条天皇が出てくるのはまだわかるにせよ、小野篁とかいう超マイナーな歴史上の人物まで夢の中に登場させる脳内って、いったいどうなってるのであろうか?

夫、夕方、帰宅。週末の食材買い込みは、我が家ではおもに夫の仕事なのだが、今日は気が向いたので私が行く。夕食も作りますよ。
e0029965_23414465.jpg

・夏野菜の揚げびたし(なす、かぼちゃ、ししとう、しいたけ)
・鶏もも肉のグリル
・冷やし素麺
・トマトスライス

夏らしいメニューにしてみました。写真は超しょうもないが、とてもおいしくできて好評であったぞよ。揚げびたしのつゆは、めんつゆ・酒・みりん・醤油などに、鷹の爪とすりおろし生姜をたっぷりくわえた大人味です。

毎年8月1日といえば、福岡の夏・恒例の大濠花火大会。私のランニングコースとしておなじみの大濠公園に、今夜は何万もの人がひしめきあって夜空を見上げていたことだろう。うちから大濠公園、距離はじゅうぶん射程範囲内なんだけど、方角が違って窓からは見えないのよね。NHK福岡で中継番組をやるので、私たちは涼しい部屋の中で食後のビール飲みながら見てました。


さて、最近の読書の中から古典を紹介。

『紫式部日記』
『枕草子』
『更級日記』
『御堂関白記』(いずれも、角川ソフィア文庫)

角川書店が出している、この「日本の古典 ビギナーズ・クラシックス」というシリーズ、気軽に古典が読めてとても楽しい。短い章立てがしてあって、それぞれに「原文」「訳文」そして、その文章が書かれた意図や時代背景、歴史知識などの解説が付されている。

『枕草子』『更級日記』は、小学生の頃にNHK総合で深夜にやっていた『マンガで読む古典』シリーズをせっせとビデオに録って見ていた私(かわいげのないガキだなオイ)、原文のフレーズまでかなり記憶にあって懐かしかった。清水ミチコが流暢にピアノを弾きながらナビゲーターをする番組でね、更級日記の作者・菅原孝標女には若き日の藤谷美紀が扮していて、かなり面白かったのよ~。

ベッドサイドに積みあがった本の山の一番上に『更級日記』を見つけた夫が「何これ? えみっ子、こんなもんまで読んでんのか?」と驚いたので、詩情豊かに原文を読み聞かせてやったりもした。当然のことながら、「何言ってんの? それ何語? どこが面白いの?」とかるーく流されたが。

『紫式部日記』と、『御堂関白記』については、このように一般向けに出版されているものはなかなかないので、有名な部分以外を読むのは初めてで、とてもうれしい。「紫式部日記」では、道長の娘であり一条天皇の后となった彰子の後宮の様子がよくわかる。今読んでいる「御堂関白記」は、道長が残した日記である。平安貴族といえば、日がな宴を催したり花を愛で和歌を読んでいるイメージだが、優雅で平和な栄耀の日々の裏にはそれなりに激しい政権闘争があり、当時の天皇の御所の中に、野犬に四肢を食いちらかされた子どもの屍骸がゴロゴロしてるような、まさに「古代」であったことも、読んでいると思い知らされる。道長を評して「古代の権力者というのは、みな例外なく働き者であり、逆に、人一倍働き続けなければ権力を保てなかったのである」という解説があり、なるほどなーと思った。

そんな道長さんの日記は、この時代の男性の常として、漢文で書かれているのだが、この漢文は文法がめちゃくちゃであることも繰り返し解説されている。この時代、良い家柄に生まれた子弟は、ボンクラでもそれなりの出世が約束されたようなものなので、立身のために学問に精を出すとかいうことはあまりなかったらしく、藤原北家のお坊ちゃまである道長も、実務的手腕はともかく、基本的に秀才ってことはなかったみたいね。

『源氏物語』で、既に権力を手中にした光源氏が、息子の夕霧の元服の折、わざと低い官位を与えて厳しく学問をさせるというくだりがあるが、これは当時の貴族社会に対する紫式部の痛烈な皮肉でもあったのだろう。
[PR]
by emit9024 | 2009-08-01 23:41