<   2007年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

前から気づいてたこと。

もう6年くらい、webで日記書いてるわたくし。
ときどき読み返して恥ずかしさに悶絶・・・するのは、まあ、あたりまえとして。

私の文章。
やけに、句点「、」が多い。
まあ、わざとといえばわざと。
でも、何となくそれが、私らしい。
よどみないリズムを、むりやり、自分で断ち切りたいみたい。

ぶつ切りで読んでください。
[PR]
by emit9024 | 2007-02-27 23:30 | 日々つれづれ

最近やってたこと。

九州国立博物館で、「若冲と江戸絵画」展を見た。
好きな絵がいっぱいあった。

その帰り、太宰府天満宮でお参りして、おみくじを引いた。
小吉だった。ささやかにがんばりましゅ。

何年ぶりかで、もつ鍋屋さんに行った。
一緒に行った人がかなり酔っぱらってた。

同僚たちとさんざん飲んだ。6時半から11時過ぎまで。
楽しく飲める仲間がいるってやっぱりいいっスよね。

久しぶりにギターを弾いた。
思ったとおり指が動かなかったけど、ギター楽しい!ていう気持ちを思い出した。

友達の誕生日プレゼントを買いにいった。
天神のショップには、もうとっくに、春がきてた。

大学のオンナ友達と3人で飲んだ。
みんな独身なので、コイバナが異様に盛り上がる・・・!

3年ぶりくらいにドラマ見てます。『華麗なる一族』。
結末はもう、原作で読んでしまいましたが・・・・(戦慄!!)

まだ出来てそんなに経ってない鉄板焼きのお店に行った。
あたしってほんとに何でもよく食べるなーと思った。しかも飲むし。

遊んでばっかりいるようですが、仕事もしてます。
仕事っていくらでもあるよね・・・・(嘆息)。

新しいことにちょっぴりわくわくしたりもしてね。
もうすぐ春ですもの。
[PR]
by emit9024 | 2007-02-27 01:20

このごろ読んだ本たち。

e0029965_2234033.jpg

新年2回目の読書記録?
また、たまってまーす。長いよー!

●『ハゴロモ』 (よしもとばなな 新潮文庫)
恋を失ったあとの描写がいつもながらに超リアル。
だけど少しも『女の執念』みたいなのを匂わせない、
嫌な人が一人も出てこない書き方が、とても好き。
癒されました。

●『海のふた』(よしもとばなな 中公文庫)
傷ついた人が、まわりの人や景色に助けられながら、
少しずつ、再生に向かっていく。
手を変え品を変え、それを書き続けていくこの人。
やっぱり優しい人なんだろうなあと思う。

●『お酒とつまみと友達と』 (こぐれひでこ 宝島社)
大好きなこぐれひでこさんの本。
写真もレシピもいっぱいあって、
お酒についてのかわいらしいうんちくもあって、
気軽に楽しく読んでほっこりする本です。

●『きっこの日記』 (きっこ 白夜書房)
有名なWEBサイト『きっこの日記』が書籍化。
俳句の話、猫の話、お母さんとの話が、特にいいのよね。
ひきずりこまれる文章力です。

●『ウサギはなぜ嘘を許さないのか?』
(マリアン M ジェニングス 監修:山田真哉 アスコム)
コンプライアンスについてのビジネス本、と銘打たれてるけど、
少しも難しくない、寓話です。
内部統制の構築に関わる経理部門の人間として、
これはぜひ、社会人の皆さんに読んで欲しい!

●『マダム小林の優雅な生活』
 『マダムだもの』
 『東京百発ガール』 (小林聡美 幻冬舎文庫)
BOOK OFFで100円になってるのを一気に3冊購入。
ほんとに肩の力の抜けた、気さくな書きっぷり。
きっとこういう人なんだろうなー。
三谷幸喜さんとの夫婦生活も楽しそう。

●『酒食生活』 (山口瞳 グルメ文庫)
グルメ文庫なんてものがあるのね! 私のため?!
酒と食とを愛した文士、山口瞳さん。
簡潔な文章で、おいしいものや、おいしいものを提供する人々が描かれている。
「これからもおいしい酒食を満喫しよう・・・」
と身をひきしめる(?)わたくしでした。

●『最後の息子』 (吉田修一 文春文庫)
短編が三つ。かつては、最後の「Water」が最高にイイ!
と思っていたけど、十何回目かの今回の再読では、
表題作の「最後の息子」の閻魔ちゃんの切なさにぐっときた。
私も大人になったのね・・・・。
それにしても素晴らしい表紙だ!

●『テロリストのパラソル』(藤原伊織 講談社文庫)
5年ぶりくらいに読んだ。もう話の筋はかなり忘れていたので、
初めてのときのように夢中になって読んだ。
5年前よりよく理解できたように思う。
だから5年前より感動したよ。
この人、寡作だよねー。新刊ほとんど見かけないもん。

●『家守綺憚』 (梨木香歩 新潮文庫)
いろんなところで、「いい、いい」って見聞きしてたこの本。
友達に借りて、読んだ。
「西の魔女が死んだ」は読んだことがあって、それも面白かったけど、
確かにこっちのほうがいい! ていうか私は好き!
不思議なお話なのに淡々としている文章。
四季折々の美しさ。

●『カンバセイション・ピース』 (保坂和志 新潮文庫)
数ある保坂さんの著書の中でも、渾身の一作!
その分、難しいところもあったけど、
この人の思考が本当に好きだ。
もう1冊買って、好きなところにいっぱい、
アンダーラインを引きながら読みたいな、と思った。

●『西日の町』 (湯本香樹実 文春文庫)
子どもが主人公で、老人が身近にいて、
ていうのがこの人のお話のパターンらしい。
人生は生やさしくないけど、ひどくもない。
そういう目線で書かれるこの人の本。
時々読むと、いいんです。

●『イタリアンばなな』
(アレッサンドロ G ジェレヴィーニ+よしもとばなな NHK出版)
ばなな日記にもよく登場する、イタリア人アレちゃんが書いた、
作家・よしもとばなな論。
そしてイタリアに関するよしもとばななのエッセイ群。

●『やがて哀しき外国語』(村上春樹 講談社文庫)
春樹さんの小説は何冊かしか読んだことのない私だが、
エッセイは全作制覇する勢い。
この人のエッセイ、ほんっと面白いんだよねー。

●『ついてない日々の面白み』(よしもとばなな 新潮文庫)
WEBで公開されてる日記の書籍化、もう第9弾。
常に私の生活のかたわらにあるシリーズです。
いろいろ大変そうだけど、人生を貫く態度、というのが
いつも変わらないので読んでいて安心する。
しかしすごいタイトルだなーと思う。

●『青鳥』(ヒキタクニオ 光文社文庫)
キャリアウーマンが主人公の恋愛じゃない小説、
って珍しいなあと思って買ってみた。
前半は、「うーんコレは面白いのか・・・?」と半信半疑で読んでいた。
しかし最後の切ないカタルシスよ。
うーん、そうだ。そうなのよ。がんばれ!て感じだった。

●『ZOKU』 (森博嗣 光文社文庫)
“犯罪未満の壮大な悪戯を目的とする非営利団体「ZOKU」と、
 彼らの悪行を阻止せんとする科学技術禁欲研究所。”
これを、おもしろがるかくだらないと思うかは、
ほんと、その人次第だろうなー。
登場人物がみんな川に関する名前でした。
揖斐くん、かっこいい。
[PR]
by emit9024 | 2007-02-24 22:34 | 本読み

バレンタインデイ・キッス

2月14日。

いわゆる「OL」の私にとって、
それは、会社の人に義理チョコを配布しなければいけない面倒な日。

・・・・・・・ではなくて、

「エビで鯛を釣るための日。」

です。

だってうちの上司サマ、スイーツにも一家言ある、グルメ部の重鎮なんですもの☆☆☆
あー1ヵ月後が楽しみ。

それはさておき、今日は久々に会う友だちと怖~い居酒屋で飲んできました。
2時間ごとに、お化け屋敷さながら、フランケンシュタインや骨骨ロックの人(?)たちが、
各部屋を脅しにくるのだ。
「へ、へん。子供だまし・・・。」
と思いつつ、どきどきであった。
久しぶりで話が尽きず、とても楽しかったよ。

国生さゆり。
今日、昼休みの食堂にて、見た。
「笑っていいとも!」にゲスト出演してた。

うーむ。
およそ20年前の歌か。
ドーナツ盤、持ってたな・・・・。
[PR]
by emit9024 | 2007-02-15 00:47 | 日々つれづれ

週明けの私。

休み明け、仕事に出て行った私は、機嫌が悪い。

なぜなら、けっこうな頻度で、朝からわたくしの上司のゴキゲンが悪いからである。

断っておくけど、とてもとても仕事のできる人で尊敬しているし、
それだけじゃなく、人間的にも優れた人だし、
私はもう新入社員の頃からずーっとお世話になってるから、
彼のことをとっても慕っている。
それでも、機嫌の悪い人のそばで心からニコニコごきげんよくしていられるほど、
私はできた人間ではないのである。
(というか、そこまで無理してニコニコしあう仲では、もはや、ない。)

彼のゴキゲンが悪いのは、
奥さんとケンカした・・・とか、子どもにそっぽを向かれた・・・とか、
週末に嫌なことがあってのことではないのは、明白である。

なぜなら、夕方くらいになると、ゴキゲンも治って、
「日曜さー、子どもの幼稚園の参観日でさー」とか、
「土曜の夜、うちでケーキ作ってさー(←奥さんがではなく自分が。)」とか、
「昨日のかるた大会ったらさー(←彼の趣味は競技かるた。)」とか、
楽しげに話し出すからである。

そうか・・・。週末が楽しすぎて、会社に来るのが嫌で嫌でしょうがないんだね。
と思うと、午前中の彼のムッツリも、まぁ許してやろう、と心でつぶやいて、
彼の話を嬉々として聞く、優しいわたくしなのでした。
(実際、彼の話はオモロい。)
ふっ。

それにしても、こんなに仕事もばりばりして、子煩悩で、趣味もいろいろあって、
ある意味、理想的な人生ではなかろうか。
あやかりたい、いや、見習いたいものですね。
[PR]
by emit9024 | 2007-02-14 00:38

今日の晩ごはん。

e0029965_2251166.jpg

土曜日、ゆうきちゃんを招いて飲み会。
今日のメニューは、

●ポテトサラダ (じゃがいも、にんじん、きゅうり、ハム)
●あっさり炒め (ほうれんそう、ツナ、玉ねぎ)
●ドリア  (ごはん、たまねぎ、ベーコン、ほうれんそう、チーズ)
●野菜スティック (にんじん、きゅうり、クリームチーズ&マヨネーズディップ)

てな具合で、どれもなかなかの出来。
「おいしいよ~!」ってぱくぱく食べてもらえると嬉しいよねー。
お野菜いろいろ食べられたし、満足。

お酒はゆうきちゃんがいっぱい持ってきてくれました☆
スパークリングワイン美味しかった。ロゼなのに甘み抑えめで。

ゆうきちゃん、やけに大荷物だな、と思ったら、
私のリクエストを覚えていて、子どもの頃や高校生の頃のアルバムなど、
たくさん持ってきてくれてた。
すっごい面白い!!!

 小さい頃のあどけない愛らしさ
→思春期のふくよかな元気ぶり
→高校生のすっぴんのかわいさ
→成人式の若々しさ
→おとなのオンナ・ゆっきー(これが今、私の目の前にある)

うーむ。成長の過程を一気に。

がやがや喋って、
喋りながら飲み、飲みながら洗いものし、しながらも喋って、
翌朝、起きたらお酒がすごーくたくさんなくなってたのでびっくりした。

そして翌朝、二日酔いというわけでもなく、頭ががんがんしたので、
あら?と思ったら発熱していた。
あらららら。
でも夜にはだいぶ、回復したよん。
[PR]
by emit9024 | 2007-02-12 22:59 | ある日のごはん

鳥瞰図

女子たちの緊迫した場面を見てしまった。
営業時間中の会社にて。

どうやら仕事のことで意見の不一致、あるいは不満が爆発していたらしい。
声の大きくなってる人、困った顔で立ち尽くしてる人、
静かに、でも硬い声で応答している人、不介入をきめこむ人、など。
こういうのって、けっこう、うちの会社では珍しい。

話の具体的な内容は聞こえなかったけど、
普段の感じを見てても、視点の違いって恐ろしいなあと思う。
ベテランさん、若い人、正社員、派遣さん。
立場が違うと、同じ現場にいても、見てるものって全然違うから。

近視眼的になっちゃあ、いけないなー。
そして、自分とは違うものを見ている人に、
自分の見ているものを説明することの、なんと難しいことよ。
と、思った、今日なのでした。
[PR]
by emit9024 | 2007-02-08 22:18 | 日々つれづれ

血管4回、切れかけた。

今日はまた、めまぐるしい一日でしたよー。

あ、試験は無事に終わりました。
たぶん合格ね、ふっ。(根拠のない強気)

それはいいんだけど、今週は監査が入ってるのと、
月初の作業(月次決算関係ね)で忙しくて。
いろんな人の理不尽な態度に、
ひごろ温厚なこのわたくしが
(・・・・って嘘です、
ただ、そういうことにいい加減、慣れてるだけなんです。)
1日で4回、「ムッキー!!!」て、なりました。

ま、なんとか乗り切ったけど。
そのかわり、やる気が失せて、8時には会社を引き上げたけど。
明日また忙しいんだろうな・・・。

それはともかくとして、一緒に試験を受けに行った先輩と
お昼ごはんを食べつついろいろおしゃべりしたのが、
とても楽しかったし、勇気づけられた。

結論としては、ムッキーを相殺してあまりある、いい1日でした♪

「勇気」といえば、我が親友のゆうきちゃんですよ。(こじつけ?)
一緒にやってるブログ更新してまーす。
[PR]
by emit9024 | 2007-02-07 22:02 | 日々つれづれ

今日はブログの日。

それであっという間に明日が試験です。

今日は8時に帰宅してすぐ、
納豆とかブロッコリーとかをつまみ、ビールを飲みながら勉強を始めたのですが
(って、この時点ですでに“ながら”勉強・・・)
もう飽きたのでブログを更新。
(って、まだ2時間しか経ってない・・・)

あー、大人になってからの勉強ってこたえるね。
根気が続かないんよね。家に帰ってくると。
かといって、会社に居残って勉強するとかってまでの意欲もなく。
いちお、自分の職分とは関係ない試験なので、まぁ合格点に達すればいいかなーと投げやりな態度でのぞむ私であった。

不合格になったらちゃんと告白します・・・。

いったん休憩してしまったあと、勉強に戻るのって容易でないなぁー。
このままお風呂に入って寝てしまいそうな予感が。
あ、あ、明日のあさ、新聞読む時間を勉強に充てればいいかなッと。
[PR]
by emit9024 | 2007-02-06 22:06 | 日々つれづれ