カテゴリ:酒記( 4 )

週末ワインは角打ちで。

週末の夜、オンナ27才ふたりの待ち合わせ時間は8時半。
横断歩道の向こうで待っていたゆうきちゃんが手を振りながら、
「えみちゃん、歩き方でわかったよー」と言う。
イヤン。なんか恥ずかしいわ。そんな理解度。
愛よね。愛。

で、週末の夜、仕事帰りのオンナ27才二人で繰り出すのは、
薬院に昔からある酒屋さんの裏、倉庫だった場所でやってる角打ちなわけで。
一週間の仕事が終わった解放感、酒場の賑わいの心地よさ、
酒屋の娘さんの応対は胸がすくようにすばらしく、
そして目の前に愛する友。プ
そんなの揃った日にゃー、立ち飲みで、ワイン1本くらい、軽くあけちゃうわけで。

友だちといっぱい話すのは楽しいなー。
言葉がどんどん出てきて、間違ってもいい安心感っていいなー。

ちなみに、翌日長崎に行く私にゆうきちゃんがくれたお餞別(?)は、
みろくやのちゃんぽんでした。
自分、ちゃんぽん大好きなんで大丈夫っす。
[PR]
by emit9024 | 2006-03-24 23:44 | 酒記

ティータイム

e0029965_2385822.jpg

心の友・ゆうきちゃんの誕生日イブ会。

@上人橋通りの「タイガーキッチン」 今月末で閉店らしい。

すっかり酒飲みになった彼女だが、
今日は徹夜仕事を抜け出して来てくれたので、禁酒。
優雅な中国茶の会と相成りました。

心ばかりのプレゼントを手渡す。

「なんかさー、身のこなしっていうの? そういう美人になりたいよね」
「だよねー、我々も、もう若さをウリにできない年頃だしさ、
 内面から滲み出る美しさで勝負するしかないわけよ」
「いつも身の回りの整理整頓を上手にしてるとかね」
「きれいな言葉遣いとか、心憎い気配りとかね」
「料理がうまいのもポイントよね」
「と言いつつ、朝、パジャマ脱ぎっぱなしで家を出たりしてるんだけどね」
「道は遠いわね~」

なんつってぺらぺら喋りながら、ポットおかわりして、お茶をがぶ飲みする二人であった。
[PR]
by emit9024 | 2006-02-21 23:08 | 酒記

飲みに行った

体調、良くなった。

と、みなして、飲みに行った。

時々、
「いきなりびっくりな感じで、そこまで親しく話したことのない人を飲みに誘う」
というのを、無性にやりたくなるときがあります。

昨日がそうでした。
そこで実践。
アプローチ成功☆

@博多駅筑紫口近くの「ぞっこん」

5時間飲み続け喋り続け。
楽しかったー。

しかし、私の 「軽く飲みにいこうよ」 って言葉は、
たいていの場合、結果的に嘘になるな。

酔っぱらって家に帰って、「うどん」作って食べている自分がいた・・・。
しかも作り方めちゃくちゃだった。
でもでも夢のようにおいしいおうどんでした。あほですね。
[PR]
by emit9024 | 2006-02-16 23:59 | 酒記

今日の晩ごはん・・・

会社の人々と焼き鳥。
生ビール5杯と焼酎2杯。いや、3杯だな。
帰りはけっこう酔っぱらってた・・・・。

ずどーん。

飲み過ぎる女はだめだー。
午前さまな女もだめだー。
[PR]
by emit9024 | 2006-01-31 23:00 | 酒記