とろけるぐらいにゆるゆるであれ、私たち。

土曜日。11時過ぎ起床。
ゆっとくけど、普段のあたし(休日仕様)にしたら、ちょう早起きですぞ。
もういいかげん冬物はいいかな、って思ってドライものを洗濯。
一週間放置状態だった家を掃除。
月見そば作って食べて、荷物準備して、家を出る。
今日は、下着・タオル・マグカップに電気ポット、そして差し入れの本など、
けっこう重装備です。

病室に到着したとたん、「ねむいねむい」と繰り返して
夫のベッドに潜り込む私に、夫、ドン引き。
小さいオンナは、こういうとき、おトクです。
シングルベッドでもほんのちょっとスペース空けてもらえたら、
体折りたたんですっぽり入りますから。

16時、夫、病室を移動(個室に移りました。今日までは、二人部屋にひとりで入ってた)
し終わった瞬間、夫の両親が登場。
「やつれとうかと思ったら、アンタ、つやっつや、しとるやないのー」
と、お母さんも彼の顔見て安心したもよう。

<<今日の病院食>>

朝:ごはん、白菜と人参の味噌汁、納豆、つけもの、ふりかけ
 (タローコメント 「朝はこんなもんやね」)
昼:天ぷらそば、ちりめんじゃこと大根の煮物、抹茶プリン、ヤクルト
夜:ごはん、豆腐ハンバーグ、野菜のトマト煮、もやしと胡瓜の酢の物、たぶん枝豆のスープ、漬物
 (タローコメント 「毎回、漬物があるところがこの病院の特長ですな)

運ばれてきた病院の夕食を見て夫の両親、
「あららー若い人にこれだけってのは、やっぱり味気ないわねー」
と、さかんにかわいそうがりながらも、
「さっエミさん、仕事と看病で疲れとるやろ?  なんか美味しいもの食べにいこうよ」
なんて、“味気ない”食事をかきこむ実子を尻目に、さっさと外へ・・・。
私も「いいんですか? うっれしいなー」と、ちゃっかりついていき、
ホテルの和食レストランで、お刺身と天ぷらと牛しゃぶのセット(すごいな)をいただく。

「これ、タローの1日分の病院食より、明らかにカロリー高かったね。」
(↑献立によると、病院食は、1日1,600~1,800Kcalに調整してあるという。)
「お腹苦しいな」
「ビール飲みたかったけどね」
「さすがにタローさんに悪いですよぉ」(by わたくし。ま、家に帰って飲むけど)
なんて、主役の夫抜きで和気あいあい談笑しながら、デザートまで完食し、
お父さんお母さんを見送って、ひとり病室に戻る。
面会時間終了10分前だった・・・。


さて、ミズシマヒロさんとアヤカさんの入籍報告会見、完全ノーカット版をyou tubeで見ました。

会社でも若い子たちが以前からミズシマさんにワーキャー言ってるのは知ってたけど、
ミズシマさんの演技そのものは見たことがないし、
以前メチャイケかなんかにゲスト出演してたときは、「天然さんですか?」てぐらいの印象。
アヤカさんは、すんごく歌が上手なのにもかかわらず、
「あたし歌上手いでしょ?でしょ?」的オーラを醸し出してないのが好印象、
でも、ま、私が聞く音楽じゃないな、っていう感じで、
要するに、おばちゃん(私ね)、基本、おふたりに興味なかったんですよね。

しかし、会見を見たら、なんかものすごくおふたりは真面目で厳粛で、
ミズシマさんは流暢ではないけれど、だからこそ気持ちがこもった受け答えで、
繰り出される言葉といえば、
「(秋?に写真を撮られたときは)既に(結婚の)覚悟を決めてたので」
「この人を逃したら一生後悔すると思って」
「もう、彼女なしで走っていくことは考えられない」
なんて、アナタどこの国の王子サマですか!?
ドラマ脚本家も真っ青な、耳を疑うフレーズのオンパレード。

「これが(スピード入籍の)説明になるかは分かりませんが」
(記者の質問が出る前に)「この点に関しては、繊細な問題なので本人(アヤカ)から説明を」
病気の説明をしながら涙で絶句するアヤカさんに、マイクなしで“大丈夫?”と声をかける
など、全方面に細かい気遣いを見せる姿も、相当クレバー。

いやぁ、いやはや、おばちゃん、参りました。

若くして、しかも、おふたりとも人気絶頂の中、
事務所にも事後報告の入籍というぐらいですし、
アヤカさんのご病気のこともありますから、
「生半可な決意じゃないぞ!」という雰囲気がビシビシ出てて、
思わず圧倒されるぐらいの、稀に見る結婚会見だったわけで、
おふたりの真剣さにホロリと涙ぐみそうになったのは、
我ながら凡百の女子としては至極自然な反応だと思ったのですが。

見終わったあと、どうにもぞわぞわ。
「なんだこの違和感・・・?」
と胸に手を当てて(?)考えてみると、ああ、そうか、と思い至りました。
以下は、あのお二人のとは恐らくまったく関係のない、
私のブログでも戯言のなかの戯言の極みだと思われますので、折りたたんで書きます。




あの若さで、あれだけしっかりとブレのない姿勢を打ち出したミズシマさん、
それを100%受け容れて良しとしているアヤカさん、
や、あくまで私の目にそう映っただけなのですが、
おふたりの姿に、正直なところ、私は引いてしまったところがあったのでした。

「(事務所にも)事後承諾なら(結婚も)かなうかな、と正直思いまして」
(↑ここでは少々、会見場に笑いが起こっていた)

「病気のことも含めて、彼女を守ってやりたいと思いまして」

「彼は私を叱ってくれる。ささいなことから大事なことまで。
 仕事のことも、女性として生きていく上でのことでも。それがありがたい」

「多忙な彼を、妻としてサポートしていきたい」

映画でミズシマさんと共演したナリミヤさん「彼は現場でいつも愛妻弁当を食べてました」

などなど。

んー。

“ミズシマさんはアヤカさんを守り、導いていく。
 いつでも自分にとって正しいと思うことにブレがなく、そのためなら何でもする”
“アヤカさんは、ミズシマさんの言うことを100%信じ受け入れ、そしてサポートする”
という、あまりにもハッキリとした構図に思えて、怖かったのです・・・。

もちろん、あの会見だけでは、実際のところなんて、他人には絶対わからないし、
何がどうあれ、おふたりが幸せならそれでいいって話です。
これは、ミズシマさんとアヤカさんの実態を捉えている感想では、全然ありません。

ただ。
ミズシマさんが、あんなにかっこいく、非の打ちどころがないからこそ、
どこかしら、周囲に耳を貸さない独善的な「俺さま人間」に見えて、
アヤカさんは、そもそもは自分ってやつをしっかりもった一人の女性なのに、
ミズシマさんの「ある種の男らしさ」に、今は魅せられているが、
彼を立てるために、どこかしら自分を抑えてるんじゃないかって思ってしまった。

ミズシマさんのほうが3つほど年上とはいえ、20代前半という若さだし、
エンタテイメント界という生き馬の目を抜く厳しい世界にいるとはいえ、
それは人生でいえば、まだまだまだまだ、若くてこれからという年頃です。
男性だろうと女性だろうと、
能力が高かったり素質があったりしようと、
どんな人でも迷ったり間違えたり、見えなかったりするところがたくさんある年頃です。

男性が守る-女性が守られる、
という図式は、美しく理想的なように思えるけど、
そういう完全な図式に、一抹の脆さっていうか怖さっていうか、
なんというか、枠を定めすぎた不自由感、みたいなものを感じてしまう。

たとえば社会的な、あるいは個人的な理由で、
見えてる部分では男の人が表舞台で働き、女の人が銃後を守っていようと、
実際の生活というのは、こう、いい意味で対等というか、
「おれ、守る、叱る」「あたし、守られる。サポートする」っていうんじゃなくて、
お互いに柔軟にその場その場で前に出たり後ろに下がったり
するもんじゃないかって思う。
正しい、正しくない、だなんて価値観なんて、極論すれば必要ないとすら思う。

決め事は最低限にして、のほほんとやってくのが一番のように思う。

繰り返すけど、おふたりの会見は、事後報告的だったり闘病のことがあったりとかなので、
あのような厳粛な雰囲気になったというのは、全然わかるんです。
そこで、ああいった、ミズシマさんがリードする形で見せたのはとてもスマートだったし、
きっと今、おふたりはとても幸せで、
しかもそれだけじゃなくてとても強い気持ちでいるんだろうな、とは思うんです。
外野の野次馬がおふたりをどうこうと言いたいわけじゃないんです。

ま、ぶっちゃけ、自分の過去の恋愛やなんかの苦い部分を、
なぜか思い出してしまったというわけです。
意外とトラウマになってるのね・・・。

でもだいじょうぶ。
今は、私がオトコの中のオトコと見込んで、
その認識は結婚してからも、いやますばかりに強くなる夫と一緒にいますからねー。
ここから先、「夫のどこが好きか。そのキャパの広さ、沸点の高さ。」的なことを、
しばらく書き綴ってたんだけど、あまりにも見苦しすぎるノロケゆえ省略。
や、しかし実際、タロー氏とつきあって、さらに結婚までしちゃって以来、
日に日に、この狭量だったあたしまで、性格いい人にになってきた気がするわ・・・。
これが新婚の魔法なら、いつまでも解けないでいてほしいよ。
(多分いつか解ける・・・私のしょうもない自我によって・・・・)
[PR]
by emit9024 | 2009-04-05 00:54


<< フクジョウシ、その意を知ったは... つまるところ、私たちは共犯者ど... >>