腐女子でいいもん

ラスト二話の『風林火山』。
居住まいを正し、静かにテンションを上げてから臨むべく、ゆうべは敢えて見なかったのです。

『風林火山』第49話 みどころ①
●啄木鳥戦法破れたり!

義経だとか新撰組だとかのように、1個人の力ではどうしようもない、
歴史のうねりに揉まれて散ってゆくのではない。
あくまで山本勘助その人のの失策として描かれてたのが、如何にもこのドラマらしくてぐっときた。
「よまれた・・・!」
と狼狽しまくる勘助に、
「そなたがうろたえていかにする。どうすればよい。軍師、山本勘助!」
と一喝する信玄=亀治郎さんも、お館さまの風格にあふれて、ずっと見続けてきた視聴者としては涙。

『風林火山』第49話 みどころ②
●典厩信繁、川中島にて討死!

信繁役の嘉島典俊さん(チビ玉として子供の頃から有名らしいね)、
冷静で穏やかで兄を慕い家を重んじ、心の奥に熱いものを秘めた、すばらしい演技だったー!
最後の夜、父を追放して20年後の、兄・信玄とふたりきりの晩餐。
死を覚悟しての出陣、
「我こそは武田信玄が弟、武田左馬助信繁なり! 越後の者ども、我が首をとって手柄とせよ!」
馬上で疾走しながらの、華々しい名乗り。
討ち取られたあと、首を獲らんとする越後勢が、ハゲタカのように屍に群がる絵も壮絶だった。

でも、こんなに感動するのは、武田信繁という武将が、
2代に渡って父と子の軋轢が悲劇を生む武田家にあって、
兄・信玄と、武田家に終生、忠義を尽くした賢弟だという歴史上の評価を、前もって知ってるからかもね。
実際、父を追放するあたりでしか、このドラマでは主だった見せ場はなかったわけで・・・・。


465 :日曜8時の名無しさん :2007/12/04(火) 22:48:35.40 ID:xQ0Bkecy
信繁を殺すのは誰だろう?宇佐美?平蔵?

466 :日曜8時の名無しさん :2007/12/04(火) 22:59:00.41 ID:M9ocLmuc
単純に、柿崎でいいんじゃないか?
あくまでも、ちから技でいく。
頭脳戦でやられたりすれば、後味悪い。

467 :日曜8時の名無しさん :2007/12/05(水) 00:58:56.53 ID:09OnSfEK
柿崎に頭脳なんてないし心配はいらんだろう
知勇兼備の信繁さまが自らを犠牲にして兄を守る姿が美しい


なんていう2ちゃんねるの書き込みに、
「ぷっ、頭脳ないって・・・。柿崎さん、身も蓋もない評価されてるなー」
なんて笑っちゃう私は、間違いなく歴史ヲタだよね・・・。
事実、このドラマで信繁にとどめを刺したのは柿崎だったんだけど、
やっと(歴史上のイメージどおり)猛将らしく描かれてて、ぞっとするほどかっこよかったよ。

こんな私だからこそ、今回の放送のあとの信繁様に対する高評価には目頭が熱くなりました。
追悼!ということで、このあとも、2ちゃんねるのログを引用しときます。


473 :日曜8時の名無しさん :2007/12/09(日) 20:44:10.05 ID:xHztMzEu
の、信繁様ぁ~~!

474 :ちび玉ファン :2007/12/09(日) 20:45:03.98 ID:SQJssups
 号泣した・・・

475 :日曜8時の名無しさん :2007/12/09(日) 20:47:30.50 ID:Cga6+F6N
信繁さまぁぁぁぁぁぁ

476 :日曜8時の名無しさん :2007/12/09(日) 20:48:26.68 ID:23EjcTim
華があるのう
見事な最期だった

477 :日曜8時の名無しさん :2007/12/09(日) 20:49:10.66 ID:uJx6XV05
やべえ・・・・・・涙が止まらん・・・・・・

478 :日曜8時の名無しさん :2007/12/09(日) 20:50:53.80 ID:xRR0bCWs
・゚・(つД`)・゚・

479 :日曜8時の名無しさん :2007/12/09(日) 20:52:17.71 ID:QZWwNTye
正直ここまで持ち上げてくれるとは思ってなかった…悲しいけれど嬉しい
信繁様、立派な御最期でした…

480 :日曜8時の名無しさん :2007/12/09(日) 20:52:35.71 ID:giOINDAl
久しぶりに号泣した…

481 :日曜8時の名無しさん :2007/12/09(日) 20:53:38.81 ID:YzLkV/hR
リアルで泣いた
信繁さまああああ。・゚・(ノД`)・゚・。

485 :日曜8時の名無しさん :2007/12/09(日) 20:56:31.73 ID:s2NTXFNc
もう臭い立つほどの死亡フラグのオンパレードのあとの玉砕だったな

だが、それがいい

放送中にそのシーンを思い出して涙腺崩壊したわ。

493 :日曜8時の名無しさん :2007/12/09(日) 21:16:54.29 ID:f+OCsmFu
武田信繁の生き様は見事なり、かの真田昌幸も嫡男に名与えるだけ事はある、立派なもののふじゃ


そう、大阪夏の陣で、一時、家康に自刃を覚悟せしめたほどの活躍をしたとして、
講談でも有名な真田幸村。
幸村というのは通称で、彼の本名は、真田信繁っていうのだよ。
当時から、武田信繁の武名は名高く広く知れ渡っており、
彼に心酔していた真田昌幸(信玄の家臣の真田弾正幸隆の子)が、あやかってその名を息子につけたのだ。
今回の大河ドラマでは、主人公の勘助が死んじゃったあとなので描かれないけど、
信玄が嫡男・武田義信を幽閉し切腹させる悲劇も、信玄の死後の武田家崩壊も、
信繁が生きていれば起きなかった・・・なんて、歴史上の切ないifとして語られているのだ。

これまで、大河ドラマで主役級の武将の弟役としては、
『太平記』で足利尊氏(真田広之)の弟・直義を演じ、
また、『秀吉』で、豊臣秀吉の弟・小一郎秀長を演じた高嶋政伸が出色だったわけだけど、
今回の嘉島さんの演技は、武田信繁のイメージ定着におおいに貢献することでしょう。

そんなこんなで、今年の大河もいよいよ来週で最終回。
楽しかったなー、毎週日曜の夜が。
[PR]
by emit9024 | 2007-12-11 00:15


<< あの人のこと 活動的感動的土日 >>